So-net無料ブログ作成
検索選択
アーティスト ブログトップ

福田こうへい(キングレコード)  第30回関西歌謡大賞最終選考会にゲスト出演  大歓声の中で「南部蝉しぐれ」を歌う [アーティスト]

福田こうへい3.jpg◆日本で今一番歌われているという「南部蝉しぐれ」の歌手福田こうへいが、2013年9月23日、大阪・心斎橋のライブハウスBIG CATで開かれた第30回関西歌謡大賞最終選考会にゲスト出演した。司会者から彼の名前が呼ばれると、会場は床から盛り上がって来るような歓声が沸き起こり、会場いっぱいに拍手と口笛が響き渡っていた。「南部蝉しぐれ」など3曲を歌ったが、こうへいちゃ~ ん!の掛け声は終始鳴りやまずに、久々の大阪のステージに観客は大喜びだった。











 わずか3曲とはいえ、福田こうへいを生の歌を聴きたいといった人たちが詰めかけた。最終選考会には180人が出場して、10月3日の本選への切符を目指してたくさんの人たちが応援にやって来たが、ゲストが出演するコーナーには立ち見も合わせると最高500人近い人たちが集まって、福田の歌に耳を傾けていた。

 1曲歌うたびに会場からは「こうへいちゃ~ん!」の掛け声が投げかけられていた。
 デビューは去年の10月24日。その直前に三重県内で行われた歌謡ショーに出演しているが、その時も観客からは大きな歓声が起こっていたが、それを上回る今回は1年間での成長ぶりをうかがわせていた。

福田こうへい1.jpg

 9月20日に37歳になったばかりという福田だが「演歌という大きな扉を開けたばかりで、これから皆さんの心に響き、声援に応える歌を歌っていきます」と話していた。

 この日歌ったのは「南部蝉しぐれ」とカップリング曲「風やまず」、それにCD未収録の「門出」の3曲。
同歌謡大賞の課題曲にもなっている「南部 - 」は、大評判の歌だけに11人が最終選考会に出場して自慢の喉を披露した。
 「門出」 http://www.youtube.com/watch?v=Nooq_3K8o3w はコンサートなどでエンディング曲として歌っているが、同じ東北出身の吉幾三から「歌ってほしい」とプレゼントされた楽曲だという。



福田こうへい2.jpg CDの販売枚数の伸びは言うに及ばず、カラオケでもたくさんの人たちに歌われている「南部蝉しぐれ」は、とりわけ中高年の人たちからの支持が大きい。いつもはテレビでしか見られない高齢の父母を車に乗せてコンサートにやって来る人たちも増えているという。

 福田にも87歳と85歳になる祖父母がいる。岩手県盛岡市で農作業をしており、デビューするまではよく手伝いをしていたが、今はそれも叶わないのが実情。
 「怪我をしないかが心配です」と福田。









 ♪ 南部 盛岡 雫石 ~ で始まる「南部蝉しぐれ」は年代に関係なく、田舎を離れて都会で働く人たちの心を揺さぶるのか、福田は「最近では30代、40代の若い人たちも良く歌ってくれるし、コンサートにも来てくれるんですよ」とうれしそうに話してくれた。
 12月には大阪市中央区の森ノ宮ピロティホールで大阪初のコンサートを開くという。





[福田こうへい オフィシャルサイト]
http://fukuda-kouhei.syncl.jp/
[福田こうへい キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=43580



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

カレン、今日から歌恋(カレン)へ改名  来年1月、日本クラウンからニューシングル発売へ [アーティスト]

◆一昨年に関西に移り住んでおばちゃん500人を友だちにして、CD「大阪恋うた」を5000枚販売する関西100日+60日間武者修行をやってのけた女子高校生演歌歌手カレンが、名前を「歌恋(カレン)」に替えて、2014年、日本クラウンからニューシングルを発売する。自分のブログで明らかにした。

歌恋・カレン.jpg

 関西でのキャンペーンを終了後、高校を卒業し、独自に活動をしていた。今春には徳間ジャパンコミュニケーションから衣料品チェーンのコムサストア、コムサイズムのキャラクターソング「京おんな feat.カレン」を出していた。

 日本クラウンからの新曲発売に向けて、9月1日から事務所もサンミュージックに所属して活動を展開を始めた。同時に名前も、今までのカタカナ表記から、「歌恋(カレン)」の漢字に替えて、演歌にこだわらずに幅広い楽曲を歌っていくという。

 しばらく従来のカレンと、新しい歌恋の両方の表記で活動していくという。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

30年ぶりに大ヒット、とみたゆう子がブレーク  MEG-CDで復刻販売を開始  ネットオークションでは10万円のアルバムも  [アーティスト]

◆1981年8月に「セプテンバー・ガール」でメジャー・デビューし、86年の交通事故をきっかけに引退してしまった歌手、とみたゆう子のCDが高騰するなど、人気が急上昇している。ミュージックグリッド(東京都港区)はMEG-CDで急きょ復刻版の販売を始めたところ、取扱店では連日の注文に驚きの声を挙げているほどだ。

とみやゆう子・「COLOURS」.jpg
とみたゆう子のファーストアルバム「COLOURS」

 デビュー初期、とのわけ4枚目までのアルバムの価格が高くなっているという。今年初めにはすでに高騰しており、その傾向は今なお続いているようなのだ。
 どの程度のなのかインターネットで調べてみると「ファーストアルバム「COLOURS」やセカンドアルバム「DEUX」は、中古店で10万円の価格も付いていたらしい」といった話もあるほどだ。

 その人気再燃に押されたのか、7月31日、とみたゆう子のMEG-CDがミュージックグリッドから発売された。MEG-CDとは廃盤や生産中止になった楽曲を、全国のCDショップで復刻してくれるサービスだ。
 そのサービスを提供している大阪・十三のCDショップ、恵比須堂本店の生駒幹人さんは「発売してからたくさんの注文をいただいています。発売週には、ほぼ毎日のように注文があり、MEG-CDの製作機械がフル稼働していた日もありました。現在は数は少なくなりましたが、それでも今月一番多く注文をいただいた楽曲です」


 「Music news jp」で[CDウォッチング]を執筆している恵比須堂本店の生駒幹人さんにインタビューした。

とみたゆう子ってどんな歌手ですか?

 「1961年5月5日、名古屋市で生まれ、中学の頃から作詞・作曲を始めたそうです。繊細な歌詞と“ミルキー・ヴォイス”と呼ばれた甘い歌声が評価を受けて、短大在籍時の1981年に『セプテンバーガール』」でメジャー・デビュー。86年に交通事故にあい一時、音楽活動から遠ざかったが、91年にトーラスレコードと契約。地元でラジオ・パーソナリティーを勤める傍ら3枚のシングルと2枚のアルバムを発表。92年に結婚を機に音楽活動を休止しています」


なぜ今、ブームに火が付いた?

 「よくわかりませんが、インターネットのオークションで火が付いたのでは。名古屋のラジオでパーソナリティーをしていた時代を知っている人たちや、かつてのコンサートで親しんでいた人たちが懐かしく思い中古品を探し始めたのでは」

とみたゆう子「セプテンバー・ガール」.jpg
とみたゆう子のデビュー曲「セプテンバー・ガール」

YouTubeにもたくさんの動画像がアップされているし、名古屋限定から全国に広がった?

 「歌手時代には全国的に売れたことはなかったようですが、彼女の音楽に触れたファンからは今でも熱く支持されているようです」

そこでMEG-CDの発売となったわけですね。

 「今回、MEG-CDで復刻・販売されたのは、メジャーデビュー後の日本クラウン(PHANAMレコード)からリリースしていたシングル10タイトルとアルバム7タイトルです。中でも、2ndアルバム『「DEUX』はヤフーオークションで25,000円、4thアルバム『Shampo』」は同じく35,000円という高値がついていますが、MEG-CDでは1枚2,500円で買えます。シングルは1000円です」


 復刻・販売の好評を受けてミュージックグリッドは、10月にもトーラス時代の作品をMEG-CD化することを決めたという。

とみたゆう子・アルバム7タイトル.jpg


 MEG-CDは恵比須堂ホームページ http://www.ebisudo.net/genre.php?grid=00200000&grlv=2 で取り扱っている。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
アーティスト ブログトップ