So-net無料ブログ作成

福田こうへい(キングレコード)  芝居と歌で泣かせた特別公演 「母ちゃんの浜唄」  大阪・新歌舞伎座9月公演 [舞台]

◆鰯も7日で鯛になる―。福田こうへい特別公演の芝居「母ちゃんの浜唄」で、まだ幼い主人公こうへいは、毎日の晩ご飯のおかずが鰯なのに飽き飽きとしていた。その母・はるが、いつもそう言い聞かせていた言葉である。高度成長期の昭和時代を象徴するかのような言葉でもある。福田こうへいはデビュー5年で、鯛ならぬ売れっ子歌手の仲間入りを果たしている。2部の福田こうへいコンサートでは、30万枚超の大ヒット曲「南部蝉しぐれ」から2017年9月27日に発売される新曲「道ひとすじ」まで全14曲を歌った。公演は9月21日まで。

福田こうへい特別公演1.jpg
新歌舞伎座では3度目の公演となる福田こうへい特別公演


 今回の芝居は昭和30年代後半の東京を舞台に、中学を卒業したばかりの主人公が集団就職で岩手・宮古から上京し、時代の流れにもまれ、たくさんの悩みを抱えながらもふる里や母親を想う姿を描いている。
 主人公を演じる福田こうへいにとって新歌舞伎座公演は3度目。初陣はデビュー2年目の2015年7月である。三橋美智也の半生を綴った芝居「歌こそ我が命 ~三橋美智也物語~ 」と歌謡ショーの座長公演だった。今回はセリフは倍に増えて、笑いと涙の人情劇を見せてくれている。

 「母ちゃんの浜唄」は2001(平成13)年、主人公こうへいが東京・築地の川岸で、今は亡き母親に語りかけるシーンから始まる。そして場面は一気に昭和30年代のふる里・宮古へ。はるは魚市場に捨てられた鰯を集めて、売り歩いていた。今回の公演に合わせて福田が2017年2月に出したシングル「母ちゃんの浜唄」を基に構成されたものである。


 上京したこうへいは築地近くの新富町にある乾物店で働いる。
 それから数年後、田舎から出てきた母親を主人公のこうへいが、その田舎者ぶりが恥ずかしくて、岩手弁でまくし立てるように追い返えしてしまう。
 若い男の子にはありがちである。もちろんこうへいの本心ではなかったのだが、仕方なく帰って行く母親の姿に、涙をこらえる人たちも。

 それでも息子の行く末を心配してやまない母親だったが、しばらくして亡くなってしまう。それが主人公にとって母親と話す最後となるのであるから、さらに観客の涙を誘わないはずがない。

 新歌舞伎座による事前のインタビューで福田も「せりふを口にしたら僕自身も胸が詰まり、泣きそうになってしまいました」と話しているほどである。

■ふる里に歌碑も

福田こうへい特別公演2.jpg 福田はデビュー前からステージに立っても、話す時は岩手の言葉そのままである。それはデビュー後も変わらず、福田を見る人、聴く人に一層親しみを感じさせている。
 この日の新歌舞伎座には、岩手のふる里から同じ言葉を話す人たちがたくさん応援に駆けつけ、ペンライトを振っていた。その生まれ育ったふる里には、福田の歌碑が建立されることが決まっているという。

 2部のコンサートではそんなふる里の民謡「外山節」(岩手・盛岡)なども披露した。

 また「母ちゃんの浜唄」「父子鷹」「北の出世船」「南部蝉しぐれ」とオリジナル曲とともに、NHK紅白歌合戦でも歌った「東京五輪音頭」、浪花を題材にした「浪花節だよ人生は」「河内おとこ節」などを歌って、ファンを沸かせていた。

 発売日は公演終了後の27日という新曲「道ひとすじ」も、一足早く聴かせた。

 さらに「身体は小さいけれど歌声は大きく届けます」と、全身で声を張り上げたり振り絞るようして歌っていた。

 福田は「(歌で)1人でも多くの人が元気になってもらえるように、これからも初心を忘れないように努力していきます」と語りかけていた。


[福田こうへい特別公演 新歌舞伎座]
http://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/20170901.html
[福田こうへい キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=44399






nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

新歌舞伎座、五木ひろし特別公演・坂本冬美特別出演 きょう千秋楽 [舞台]

◆連日、満員の大好評ぶりを見せていた五木ひろし坂本冬美による芝居・夫婦善哉と歌謡ショー・ふたりのスペシャルショー「五木ひろし特別公演・坂本冬美特別出演」が、きょう2017年7月23日午後12時からの公演で千秋楽を迎える。6月24日から31日間という長期公演だった。きのう22日夜には夜の部最終公演が行われた。

五木ひろし特別公演・坂本冬美特別出演.jpg


 「夫婦善哉」と言えば主人公のダメ夫の柳吉を演じた森繁久弥で知られているが、今回、流ちょうな大阪弁が光った五木が演じた柳吉は、もうひとりの柳吉として存在感を示した藤山寛美を見るようでもあった。

 その柳吉(五木)は放蕩がたたって入院の憂き目に遭うが、女房の蝶子(坂本)が甲斐甲斐しいく世話を焼く。病室で柳吉と2人っきりになった坂本は「50歳にして初めてのラブシーンを演じた」と照れてみせた。五木も「義母役の宮川花子さんもベッドに上がってきて、一時はどうなるのかと心配した」と、笑わせていた。

 坂本はデビュー4年目の1990年、五木の座長公演に初出演している。「大先輩で近寄りがたい存在」(坂本)だったが、今回の舞台では堂々たる女房役を演じてみせた。

 この特別公演ではまた、織田作之助役として桂米團治が出演しているほか、祖父が藤山寛美という藤山扇治郎、大川橋蔵の次男・丹羽貞仁、西川きよしの長男・西川忠志といった具合にジュニア勢がそれぞれ活躍しているのも見どころのひとつであった。

■歌に衣装に見どころいっぱい

 2部のふたりのスペシャルショーでは、五木ひろしが自ら<原点>と位置付けている再デビュー曲「よこはま・たそがれ」から、38年前のアルバム収録曲を再レコーディ゛ングしてシングルカットした最新曲「わすれ宿」までを歌うと、坂本冬美もデビュー曲「あばれ太鼓」から最新曲「百夜行」までを披露した。

 五木のピアノ演奏に合わせてオレンジ色のドレス姿の坂本が「また君を愛している」を歌うシーンや、ふたり揃っての歌謡浪曲「一本刀土俵入り」も聴かせてくれる。

 さらにもうひとつ、坂本冬美が芝居、歌謡ショー合わせて、着物からドレスまで数多くの衣装替えを見せてくれた。「11ポーズの衣装替えでした」と坂本。それに合わせてか五木も「(タキシードから着物まで)僕も同じぐらいかな」と、ファッション好きを楽しませていた。





nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

三山ひろし(日本クラウン)  大阪・新歌舞伎座で初座長公演  歌謡ショーではデビュー曲から最新曲「男の流儀」まで全14曲を歌唱 [舞台]

◆日本クラウンの歌手、三山ひろしが2017年6月4日まで、大阪・上六の新歌舞伎座で初めての座長を務める「三山ひろし特別公演」で、喜劇タッチの時代劇と歌謡ショーに挑んでいる。

三山ひろし・座長公演チラシ.jpg


 5月26日から10日間の短期公演。
 1部の芝居「若様弥次喜多七変化」では、後継藩主をめぐってのお家騒動をテーマに、三山が現藩主の落胤である弥次六とその兄で若殿、さらには奥女中と女形にも扮するなど3役の<変化>ぶりを見せる。

 2部は歌謡ショー。デビュー曲の「人恋酒場」から最新曲の「男の流儀」まで、昭和の名曲のカバーを含めて全14曲を歌った。三波春夫の歌謡浪曲「元禄名槍譜 俵星玄蕃」も聴かせた。さらにオープニングでは、景気良く鳴子を打ち鳴らして、芝居の出演者の踊りをバックによさこい節を披露していた。

 三山は「初座長公演、1つひとつの拍手がうれしいです。2009年に産声をあげた歌手、三山ひろしは皆さんが僕の親です」と、感謝の想いを話していた。


[三山ひろし オフィシャルサイト]
http://www014.upp.so-net.ne.jp/miyama-hiroshi/
[三山ひろし 日本クラウン]
http://www.crownrecord.co.jp/artist/miyama/whats.html






nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

大月みやこ、神野美伽 新歌舞伎座9月特別公演  「結婚しない女たち ~ 京都室町はんなりハウス ~ 」 [舞台]

大月・神野 フィナーレ.jpg
フィナーレで「いい日旅立ち」を歌う出演者たち


◆ノンアルコールのワインで酔っぱらうが源氏物語の研究に生涯を捧げる大学教授の大月みやこ、男勝りで正義感の強い興信所のベテラン調査員の神野美伽―。そんな女性たちが住む京都・室町のシェアハウスで突如持ち上がった立ち退き騒動。笑いの中にワクワクドキドキの展開が面白い新歌舞伎座9月特別公演が、2015年9月4日初日の幕を開けた。大月みやこと神野美伽が共演する芝居「結婚しない女たち ~ 京都室町はんなりハウス ~ 」である。ドラマのグランドフィナーレがふたりの歌謡ショーへのイントロと、一風変わった構成を見せる。大月、神野による美空ひばりのメドレーのほか、大月は新曲「愛のかげろう」を熱唱。神野はアルバム「矜持 ~ Pride ~ 」収録の「黒田ブギー」などを披露する。21日まで。

大月2.jpg神野美伽2.jpg

















熱唱する大月みやこ(左)と神野美伽

 結婚しない女、京都、シェアハウス・・・。今、流行りのキーワードを集めた芝居は、テレビの2時間ドラマを見ているようなスピード感があって、小気味良く展開していく。恋より仕事とキャリアウーマンを装うが、その実はデートに心ときめかし結婚も夢見る女性たちが、この現代劇の主人公たちである。

大月・神野4.jpg
男の出現に心が揺れる
大月・神野3.jpg
立ち退き反対に気勢を挙げる4人なのだが

 町家を改造したシェアハウスに住む彼女たちが、田村亮が演じる立ち退きを迫る大手建設会社の社員からの恋の囁きに心を乱してしまう。最も男性には無縁と思われた大月演じる和服の大学教授、男性を寄せ付ける素振りも見せない男勝りでトレンチコートが似合う調査員(神野)も、それまでの一致団結しての立ち退き反対運動も投げ捨ててしまう。

 新歌舞伎座の特別公演は芝居と歌謡ショーの2部構成で、それぞれが独立しているのが常である。ところが今回は芝居のグランドフィナーレが歌謡ショーのオープニングといった、ちょっと変わった趣向を凝らす。

蓮水ゆうや.jpg
元宝塚歌劇団の蓮水ゆうや

 そのオープニングを任されたのは元宝塚歌劇団・宙組の蓮水ゆうや。「SWEET MEMORIES」を歌い上げると、舞台中央からは大月と神野がせり上がってくる。ふたりの1曲目は島倉千代子の「人生いろいろ」。客席では「 M&M(みやこと美伽)」と書かれた紙を掲げて応援かね観客も。
 ふたりは「M&Mと呼ばれるのは初めて」と笑顔。


 続いての美空ひばりのメドレーでは、大月が「ある女の詩」で独自の女を表すと、神野はしんみりと「哀愁波止場」を歌う。いずれも聴き応え十分の歌唱に会場もうっとり。メドレーのラストは大月、神野、蓮水の3人で「愛燦燦」

大月みやこ1.jpg
大月みやこ

 それぞれのワンマンコーナーでは、まず神野が代表曲の「男船」「男の海峡」と威勢のいい海の男を歌ったのに続いて、アルバム「矜持 ~ Pride ~ 」の中から「リンゴ追分」「座頭市子守唄」「無法松の一生 ~ 度胸千両入り ~ 」「黒田ブギー」を舞台狭しと駆けて歌い上げた。
 それとは対照的に大月は「白い海峡」「女の港」「いのちの海峡」「霧笛の宿」「女の駅」とさまざまな女の世界を披露。極めつけは代表曲の呼び声高い新曲「愛のかげろう」と続く。

神野美伽1.jpg
神野美伽

 神野が「初日から走り過ぎないようにと注意もされましたが、そんなことで加減をする女じゃありません。1日1日エンストをするまで走ります。まだまだ行けますよ」と話すと、大月は「ゆっくりゆっくりとした歩みですが、ふる里のみなさんの声援を励みにここまで来ました。これからも凛とした女の歌を心に届けていきます」と貫禄を見せた。

大月・神野2.jpg

 ステージのラストは再び芝居に戻る。ヨーロッパへ旅立つシェアハウスの仲間を見送る住人たちが顔を揃え「いい日旅立ち」を歌う。まるで宝塚のステージを見せるかのようなフィナーレである。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

神野美伽(キングレコード)  「吉本百年物語」4月公演をマスコミなどにプレ披露 金貸しお銀を熱演 [舞台]

◆創業100周年を迎えている吉本興業の歴史を描いた「吉本百年物語」のマスコミ向けプレ公演が、2012年4月10日、大阪・ミナミのなんばグランド花月 (NGK)で行われた。劇中で重要な役どころとなる金貸しお銀役をキングレコードの神野美伽が好演した。

家主お銀.jpg
創業資金をお銀から借りる2人.jpg
家賃の取り立てに来たお銀と貧乏芸人(上)とお銀から開業資金を借りる吉本吉兵衛とせい

 公開されたのは4月13日から始まる4月公演(5月6日まで)。
1912(明治45)年の創業前から創業者の吉本吉兵衛の死までを描いている。100年間を月替わりの12本の芝居にして公演する。
 家業の店を倒産させるほど芸能好きの吉本を陣内智則、その妻で経営面で夫を支えるせいを国仲涼子が演じている。そのほか吉本興業の落語家、漫才師など、お馴染みのお笑い〈役者〉 が脇を固めている。

お銀.jpg
南地花月.jpg
お銀は徐々に、せいの商売の才覚に惚れ込んでいく

 神野は35年前、まだ子どもの頃、なんばグランド花月が「なんば花月」と呼ばれていた時代に、当時のバラエティーショー「ポケットミュージカル」に出演して、芝居のかたわら歌を歌ったことがあるという。
 神野は「それをきっかけに歌の道に進むことになりましたが、100年という節目に大事な役で芝居を演じさせて頂くのは、不思議な縁を感じます」と、感慨深げ。


第二文藝館.jpg 延べ3週間の稽古でこの日を迎えた神野は、芝居の出来栄えについては「全然ダメです。自分ながら腹が立ちます」と控えめ。
 お銀という役どころには「魅力を感じる女性ですね。自分とはまったく違いますが、魅力を感じるタイプの人です。明治にはこうした人がいたんですね」と、話していた。


 歌のオンステージはなく、今回は〈役者〉に徹し切ったが、劇中では一瞬ながらも端唄「からかさ」を披露する場面もあるなど、いつもながらの芝居達者な神野は、観るものを楽しませてくれる。









◆芝居は河内家菊水丸の河内音頭による新聞(しんもん)詠みの口上で幕を開けた。商売に失敗して無一文になった吉兵衛とせいの夫婦が、芸人が住むどぶ底長屋に移り住むところから始まる。
ふたりは今里新地の芸子上がりの金貸しのお銀に300円を借りて、寄席を開業する。1人5銭の木戸銭などせいのアイディア商法が当たって、次々に寄席を買収していく。

オープニング.jpg
賑やかに河内家菊水丸の新聞詠みの口上で幕が開いた

 そんな時、大手興行主の嫌がらせで芸人を引き抜かれるなど、創業以来順調だった商売は最大のピンチを迎える。

 再びお銀の手助けもあってピンチを逃れ、念願の一流寄席を手に入れ、南地花月としてオープンさせるが、そんな矢先に吉兵衛が死んでしまう。残されたせいは「日本一の興行主になる」と、天国の吉兵衛に誓う。

ラスト1.jpg
ラスト.jpg
出演者全員が揃ってフィナーレ

 プレ公演を終えた神野は、11.12の両日は、それぞれ福島県と新潟県でのコンサートに出演する。13日の初日からは5月6日までの19日間、NGKのステージでシコミカルな場面も盛り込みながらもシリアスな演技を見せてくれるはずだ。



[神野美伽 オフィシャルウェブサイト]
http://www.shinno-mika.com/
[吉本百年物語]
http://www.yoshimoto.co.jp/100th/monogatari/


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

神野美伽(キングレコード) 笠原章率いる劇団若獅子公演「王将」の再演で坂田三吉の妻と娘の2役 緒形幹太らと共演 [舞台]

◆新曲「桜みち」が好調の神野美伽が2011年11月1日、東京・日本橋の三越劇場で初日の幕を開けた劇団若獅子錦秋公演で、平成23年度(第66回)文化庁芸術祭参加公演・文化庁芸術祭協賛公演「王将~坂田三吉の生涯~」(作・演出=北條秀司)に特別出演し、坂田三吉の女房・小春と娘・玉江の一人2役を演じた。11月9日までの9日間にわたって全13回上演。


神野.jpg


 将棋棋士・坂田三吉が将棋の駒に命をかけた男の一代記「王将~坂田三吉の生涯~」は、2009年3月から4月にかけて全国9カ所で上演したものの再演。2008年10月に71歳で亡くなった緒形拳さんが所属していた劇団「新国劇」の流れをくむ笠原章率いる「劇団若獅子」が、緒形さんの当たり役だった同演目を故人の追悼公演したものを、今回、再び上演した。

 新国劇のスター、故辰巳柳太郎さんとその弟子・緒形拳さんの代表作で、緒形さんにとっては生前、長男・緒形幹太との共演の約束を果たせなかった思い出の作品でもある。

 初演に続いて再び出演依頼された神野は「歌を歌わず、お芝居だけという仕事は、一昨年のこの『王将』が初めてです。そのときは、『王将』の資料を手当たり次第に読み漁って、プレッシャーが大きくなってしんどかったんですけれど、今回は役を楽しみたいと思っています。将棋に賭けた男のドラマにとどまらず、家族愛、夫婦愛、兄弟愛も描かれているので、ぜひ多くの方に見ていただきたい」と話していた。


王将・出演者.jpg

 同劇団の代表で、坂田三吉役の笠原は「『王将』は、私がいた新国劇の名作中の名作で、先人たちの名演技のプレッシャーと毎日闘っています。師匠・辰巳柳太郎の十八番でした。神野さんにはお忙しい中、今回も出演していただくことになりました。楽屋は和気あいあい、舞台は厳しくやらせていただいています」と挨拶。

 前回に続いて三吉の弟子・森川役で出演の緒形幹太は「再演ですが、初演と思って一生懸命演じたい。将来はぜひ坂田三吉役をやってみたいです。父に怒られないように一生懸命演じたいと思います」と話していた。



nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽