So-net無料ブログ作成

二葉百合子が引退会見。芸能生活76年目にして「元気な今だから幕を下ろしたい」と引退を決意 [引退]

二葉百合子1-1.jpg◆「岸壁の母」「関東一本〆」などのヒットで知られ、今年で芸能生活76年目を迎えたベテラン歌手・二葉百合子(78)が、歌手を引退することを決め17日、東京・文京区のキングレコード江戸川橋スタジオで引退会見を行った。

**************************

 大勢の報道関係者が詰めかける中、「元気な今だからこそ、私は上げた幕を下ろすときだと決心して引退させていただくことにしました」と公表。

 引退を決めたのは昨年暮れで、「自分の気持ちを皆さま方にお伝えしたいと決意」してこの日の会見に臨んだ。



 引退は60周年を迎えたころから考えていたそうだが、「60周年のとき、まだあと5年は大丈夫かと思い、65周年、70周年、そして昨年の75周年と、お陰さまで体も元気で、声も出ていたので今日まで歌わせていただきました。昨年7月に75周年記念曲『百年桜』を出させていただきましたが、まさか75周年の記念曲をレコーディングさせていただくとは思ってもいませんでした」と、時おり目頭を押さえながら話した。

 東京・葛飾区に生まれ、浪曲師の父・東若武蔵に師事。3歳で初舞台を踏み、1957年に「女国定」で歌手デビュー。
 歌の間奏に浪曲のセリフを入れる「歌謡浪曲」を確立。72年発売の「岸壁の母」は、総売り上げ380万枚の大ヒットを記録した。

 戦前、戦中、戦後と歌い続け、苦労も数々経験してきたが、「ここまで歌わせていただいたことで、いままでの苦労も悲しみも全部消えて、いまはいい思い出しか残っていません」。

 人間ドックを毎年2回受け、「体はどこも悪くない」と健康ぶりをアピールしながら「「これから1年間は、いただいたお仕事を頑張ってさせていただきます。いままで以上に全力投球で歌っていきます」と笑顔を見せた。

二葉百合子2.jpg 今後の予定は、6月23日に永久保存版ミニアルバム「百年桜」を発売。
 7月から11月まで東北ツアーを行うなどして、来年3月に都内で最終公演を開いて歌手生活にピリオドを打つ。

 現在、石川さゆりをはじめ、藤あや子、坂本冬美、原田悠里ら7人の歌手に歌を教えているが、「引退後も後進の指導に当たりたい。引退しても声は出し続けていると思います」。

 会見場には、事務所社長でマネジャーの夫・大村忠さん(79)も顔を見せ、「二人三脚で歩いてまいりました。本当にお世話になりました」とあいさつした。 

 

nice!(88)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽