So-net無料ブログ作成
検索選択
通天閣歌謡劇場 ブログトップ

伊達めぐみ(徳間ジャパン)、通天閣歌謡劇場に初出演 「伊達男」など歌う [通天閣歌謡劇場]

◆徳間ジャパンコミュニケーションズの伊達めぐみが、1月18日、大阪・新世界の通天閣歌謡劇場の初舞台を踏んだ。
 伊達は「緊張しましたが、楽しく歌えました」と、初の通天閣公演の印象をこのように話していた。

だて1.jpg
だて2.jpg

 伊達にとって通天閣歌謡劇場は、NHKの連続テレビ小説「ふたりっ子」で河合美智子が演じ、通天閣の歌姫と呼ばれる演歌歌手の叶麗子がモデルになったオーロラ輝子以来、「ここで歌うのはあこがれの的。何としても出演したかった」という場所。その感激を身体いっぱいに現していた。

 しかも、正午からの第1部公演はトップ出演。東京都八王子市に住んでいる伊達は「遠足前夜の子供と一緒で、ワクワクどきどきで寝られませんでした。朝4時半に起きました」というほど。

 それでも1曲目の「伊達男」を歌い始めると、緊張がほぐれたのか舞台いっぱいに動き回って歌った。1部では、このほかに「津軽おんな節」、坂本冬美の「アジアの海賊」、再度「伊達男」を披露した。
 そんな伊達の歌声からは、緊張どころか、会場に響き渡り聴く人に迫力さえも感じさせた。

 途中、客席からは紙テープが投げかけられた。
 「会場では紙テープも売られているのも確認していましたが、投げてもらえるのはベテランの人たちだけかと思っていました。でも、予想外でとてもうれしかった」と伊達。
 常連客によると「最初に登場する歌手の出来具合で、その日のステージが決まる」と、伊達の歌を絶賛していた。

だて3.jpg
だて4.jpg

 また、ブログ「伊達めぐみのブログ」を通じて知り合ったという神戸からやって来たファンで、ブログ仲間たちとも初顔合わせ。劇場近くのそば屋で一緒に昼ごはんも楽しんだ。

[伊達めぐみのブログ]
http://date-megumi.jugem.jp/


だて5.jpg
王将碑の前で(左)
だて6.jpg
通天閣をバックに(下)








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
通天閣歌謡劇場 ブログトップ