So-net無料ブログ作成
検索選択

キングレコード歌謡選手権南関東地区大会、伊藤純一さんなど最優秀賞9人が10月の全国大会へ [カラオケ]

キングレコード歌謡文化アカデミー(三田誠理事長、KBA)が2017年8月26日、東京都江東区の同区文化センターで、キングレコードの歌手山本あき水城なつみをゲストに、カラオケコンテスト「キングレコード歌謡選手権南関東地区大会」を開いた。伊藤純一さん(プラチナコース)稲葉幸恵さん(エメラルド)など最優秀賞9人と優秀賞16人などを選んだ。最優秀賞受賞者は10月29日に東京都内で開かれる全国決勝大会に出場する。

キングレコード歌謡選手権大会南関東大会・入賞者.jpg
キングレコード歌謡選手権南関東地区大会の入賞者とゲストの山本あきと水城なつみ

 キングレコード歌謡選手権地区大会の南関東地区大会には、35歳以下のプラチナコースから75歳以上のゴールドコースまで、南関東各地のカラオケ教室などから選出された90人が出場した。
 プラチナコースで最優秀賞に選ばれた伊藤純一さんは「愛のメモリー」(松崎しげる)を、エメラルドコースの稲葉幸恵さんは「マリーゴールドの恋」(木下結子)を歌った。

キングレコード歌謡選手権大会南関東大会・伊藤純一さん.jpgキングレコード歌謡選手権大会南関東大会・稲葉幸恵さん.jpg
最優秀賞の伊藤純一さん(左)と稲葉幸恵さん

 ゲスト歌手によるミニライブでは山本あきが新曲「桜の小径」水城なつみ「帰って来やれ」を、それぞれ新曲などを歌唱した。

キングレコード歌謡選手権大会南関東大会・山本あき.jpgキングレコード歌謡選手権大会南関東大会・水城なつみ.jpg
ミニライブで最新曲などを歌う山本あき(左)と水城なつみ


 各賞受賞者は次の通り(敬称略)。
最優秀賞
伊藤純一(プラチナ)山本麻紀(ルビー)石川秀子(エメラルド)稲葉幸恵(同)中村恵子(サファイア)石川顕(同)峯田悦子(ダイヤモンド)片野鎌三(ゴールド)見目正栄(同)
優秀賞
菅井茜練(プラチナ)金花(ルビー)濱崎淳一(同)青柳美樹(同)西野美智子(エメラルド)包秀華(同)大久保美華(同)草間泰・高木けい子(サファイア)古川すみ子(同)増野幹定(同)酒井キミ子(ダイヤモンド)山本康子(同)河村トミ子(ゴールド)中野玲子(同)横山和子(同)折原利吉(同)
審査員賞
菊田慶子(ゴールド)倉持啓子(同)櫻井すみ(サファイア)


■この後の同選手権の会場と日程、ゲストは次の通り。
地区大会
9月3日 中九州地区 熊本県荒尾市・荒尾総合文化センター 島津悦子

全国決勝大会
10月29日 東京・芝 メルパルクホール 三笠優子、水城なつみ


[キングレコード歌謡文化アカデミー]
http://www.kingrecords.co.jp/KBA/






nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

北沢麻衣(ホリデージャパン) 新曲「真っ赤なワイン」でライブ  今春オープンしたライブハウスBanaHallで  全15曲歌う [ライブ]

北沢麻衣012.jpg


◆今年3月に新曲「真っ赤なワイン」をホリデージャパンから出した北沢麻衣が、2017年8月28日、4月にオープンした大阪市北区のライブハウスBanaHallで、新曲など全15曲を披露した「夏の終わり・・・真っ赤なワイン Live」を開いた。今作も北沢の師匠にあたる杉本眞人が作曲している。8月23日発売の新曲「桜並木の向こうに」で初めて杉本の作品を歌っている五条哲也(日本クラウン)がゲスト出演した。

北沢麻衣1.jpg北沢麻衣9.jpg


 ライブは今年5月に、杉本眞人をゲストに招いて開いた新曲発表ライブ以来のもの。2013年からは「杉本眞人を唄うライブ」を続けている北沢麻衣だが、今回はオリジナル曲と懐かしの歌謡曲・ジャズなどを揃え、ゲストには同じ杉本作品を歌う五条哲也を迎えた。

北沢麻衣4.jpg
北沢麻衣010.jpg

 「真っ赤なワイン」は、ひとりワイングラスを傾ける主人公の心のうちをスローテンポなメロディーで表したバラード。杉本の世界を存分に感じさせてくれている。前作の「御堂筋線で・・・」に続いて、北沢が歌う意地っ張りで哀しい女のシリーズである。
 カップリングの「Fifty-fifty Love」とともに、ライブのラストで披露して会場は最高潮に盛り上がりを見せた。

北沢麻衣2.jpg北沢麻衣5.jpg

 北沢麻衣は大阪松竹歌劇団(OSK)出身で、クラシックやジャズなどを学び、1985(昭和60)年にポリドールから杉本眞人作曲の「私の胸をかじる人」歌手デビューしている。以来、杉本作品を歌い続けてきた。
 前作からは4年が開いたが、彼女の代表曲である「銀次-GINJI-」「港のセレナーデ」から続く、彼女ならではの恋ぐるしい大人の女の表現は、今作にも受け継がれている。

■越路吹雪にも挑戦

 ライブではその「銀次-GINJI-」「港のセレナーデ」「夜を越えて」「御堂筋線で・・・」(アコースティックギターバージョン)「道頓堀リバーサイドブルース」のオリジナル曲も披露した。

 懐かしの歌謡曲コーナーでは、五輪真弓の「恋人よ」のほか、OSK時代に歌っていたというシャンソンにも挑戦して越路吹雪の「サント・ワ・マミー」などをメドレー。子供の頃から大好きだったという高橋真梨子(ペドロ&カプリシャス)の「ジョニーへの伝言」など3曲を聴かせた。

北沢麻衣015.jpg

 この日のゲスト、五条哲也は8月23日にリリースした「桜並木の向こうに」と前作の「あきらめ上手」の2曲を歌った。デビュー10周年になる彼は、今作で初めて杉本作品に挑戦して、新しい五条哲也のイメージを作り出している。

北沢麻衣・五条哲也.jpg北沢麻衣・五条哲也2.jpg
ゲストの五条哲也

 2人はまた、11月9日に神戸・新開地で開かれるKOBE流行歌ライブに2人で出演して、杉本眞人作品を中心に歌うことになっている。

北沢麻衣7五条.jpg
北沢麻衣6.jpg


[北沢麻衣 オフィシャルサイト]
http://uta-utai.com/






nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽