So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ

キングレコード歌謡文化アカデミー 、2017指導者歌唱講習会 課題曲に水城なつみの「帰って来やれ」  歌唱指導のコツは優しさ・思いやり・温かさ  作曲家宮下健治がレッスン [カラオケ]

キングレコード歌謡文化アカデミー(KBA、三田誠理事長)が、認定歌唱指導者を対象にカラオケ歌唱指導のポイントを教える「2017指導者歌唱講習会」を、2017年9月20日、大阪市淀川区のニューオーサカホテルで開いた。課題曲に選ばれたのは、23歳のキングレコードの若手歌手、水城なつみが歌う新曲「帰って来やれ」。作曲家の宮下健治が歌唱のポイントを分かりやすく解説するほか、実際に歌唱レッスンをした。水城本人によるミニライブも開かれ、「帰って来やれ」を模範歌唱したほか、デビュー曲「泣いてひとり旅」など全9曲を披露した。今回から初めて指導者とKBAスタッフとのフリーミーティングも行われ、参加者からはKBAへの要望などが出ていた。

KBA.jpgKBA5.jpg
歌唱指導する宮下健治(左)と模範歌唱の水城なつみ


 指導者歌唱講習会はKBAが毎年1回、傘下のカラオケ・歌唱教室の認定指導者や会員を集めて東京・大阪・福岡で開催している。この日は、大阪会場には近畿、東海、山陰から50人が参加した。

 今回の講師は課題曲「帰って来やれ」の作曲者でもある宮下健治。講習会には初めて登壇した。かつてはコメディアンを目指して大阪で修業していたが、上京して歌手デビュー。15枚のシングルを出した。中でも250万枚売れたという鶴岡雅義と東京ロマンチカのデビューシングル「小樽のひとよ」のカップリング曲として歌った「花園町哀歌」は最大のヒット曲。そんなエピソードをたくさん交えながらのレッスンは、参加者からも「分かりやすい」と好評であった。

 「歌は楽しく歌うのが一番。歌唱指導も優しさ・思いやり・温かさを基本にしましょう」と、専門用語も使わずに「発音が甘いと言葉の説得力に欠けてしまうので、単語の頭や母音を切れ味良く発音しよう・優しい声と強い声でメリハリをつけるよう」など歌の基本からレッスンを始めた。

KBA3.jpgKBA4.jpg

KBA2.jpg
「帰って来やれ」を実際に歌ってのレッスン

 実際に「帰って来やれ」を歌いながらの歌唱レッスンでは、プレスの取り方をはじめ「歌詞に出てくる景色を頭に思い浮かべながら歌うと楽しくなります。♪ 津軽平野に 春が来る ~ では嬉しく歌う」など細かくコツを伝授した。
 カラオケ大会を例に取り「見るからに苦しい表情で歌っている人がいます。緊張は誰にもありますが、楽に歌うコツは、1度大恥をかくと、次からは大丈夫です。歌に入る直前には鼻と口を使って、腹いっぱいブレスしておくことも大切ですね」とアドバイス。

KBA7.jpg
水城なつみが大きく育つのは皆さんの優しさ・思いやり・温かさにかかっています―と話す湊尚子ディレクター(左)

 中学2年から宮下のレッスンを受けてきた水城なつみは、デビュー5年目になる今でも、歌う時にはいつもあがってしまうという。
 彼女は小学6年からキングレコード歌謡選手権に「なにくそ、と毎年挑戦していた」(水城)が、高校3年の2012年にようやく全国決勝大会でグランプリを獲得している。13年のデビュー当初から堂々とした歌いっぷりを見せているが、それとは裏腹に、初めて指導者を前に歌うこの日のミニライブでも実際には「緊張しっ放しだった」(水城)のである。

KBA6.jpg
KBA8.jpg
デビュー5年目の水城なつみ

 その水城のミニライブでは宮下が書いた「帰って来やれ」カップリング曲「雪の隠れ里」「逢ってみたい人」「筑波の嵐」や、去年出した初のアルバム「ウタツグミ」の収録曲から「虹色の湖」「雪椿」などカバー曲5曲も披露。「まだ23歳の小娘ですが、みなさんの心に寄り添える歌を届けていきます」と、話していた。


KBA9.jpg
教室ごとに記念撮影


[キングレコード歌謡文化アカデミー]
http://www.kingrecords.co.jp/KBA/
[水城なつみ オフィシャルサイト]
http://www.mizuki-natumi.com/






nice!(6)  コメント(0) 

三丘翔太(テイチクエンタテインメント)  セカンドシングル「虹色の雨」 伸びやかな高音  百個を超えた趣味の蝶ネクタイコレクション [インタビュー]

三丘翔太.jpg◆高校3年で作曲家の水森英夫にスカウトされた。去年、22歳でテイチクエンタテインメントから「星影の里」でデビューした三丘翔太。今年3月にはセカンドシングル「虹色の雨」を出した。水森仕込みらしく、伸びやかに高音を響かせる。2017年11月15日にはセカンドカバーアルバム「翔太のお品書き 2」も発売が決まっている。


三丘翔太・虹色の雨.jpg








生地、柄などいろんな蝶ネクタイを集め始めたのは高校を卒業してから
今では百個を超えるコレクションに


 「虹色の雨」は作詞が里村龍一、作曲は水森英夫。好きな男性を想う女心を歌っている。前作の「星影の里」はふる里演歌だった。「そのふり幅の大きさが、僕のチャレンジ心を掻き立ててくれます」と三丘は、今作ではちょっと大人の世界へと背伸びをして歌っているようだ。

 「僕の声はさらりとしているので、泥臭く歌うのが課題なんです」

三丘翔太2.jpg 「虹色の雨」のサビである5行目の ♪ 花より淋しい 私の胸に ~ は、その<泥臭さ>が最も求められるようだ。
 ところがここは「最も高い音になって、下がっていきます。そこをどう歌うか、こぶしを回したりビブラートをまくしたてたり、とあれこれ試行錯誤しながら歌っています」と、若い三丘を悩ます。

 デビュー前から藤山一郎や春日八郎などの懐メロが好きだった。76歳と74歳になる祖父母が経営するカラオケ喫茶店で、知らず知らずのうちに覚えた。そうした歌謡曲のレパートリーが今では1000曲を超えるという。

 2016年9月には「お月さん今晩わ」(藤島桓夫)「かえり船」(田端義夫)「夕焼けとんび」(三橋美智也)など12曲を収録したカバーアルバム「翔太のお品書き」を発売している。収録曲は、日替わりの楽曲リスト「本日のお品書き」を用意して、その場でリクエストに応えて、流し姿で歌うキャンペーンで好評だったものばかりである。

 そのカバーアルバムの第2弾「翔太のお品書き 2」が、11月15日に発売される。前日の14日には東京都港区のJスクエア品川(JOYSOUND品川港南口店 2F)で「翔太のお品書きライブ VOL.3」を開く。

■耳に残る歌を

 デビューしたのは2016年1月。それまでの4年半は水森の許で毎週2回、レッスンを受け続けた。生活費はスーパーでのアルバイトで稼いだ。<熱血アルバイター>と呼ばれるほどの頑張りを見せていたという。
 そんな時に五木ひろし司会のBS朝日「日本の名曲 人生、歌がある」に、素人枠として出演した。それがきっかけでデビューへとつながる。「アルバイト先での送別会では、夢を持っのは周りの人も元気にしてくれる、の言葉で勇気付けられました」(三丘)。


 枝豆でひとり呑みするのが大好きだとか。「大阪は何を食べてもおいしいですね」。
そう話す三丘は「耳に残るような歌を歌えるように、作品の幅を広げていきたい」と、新人らしい意気込みを見せていた。






[三丘翔太 オフィシャルサイト]
http://www.sato-kikaku.co.jp/profile/mitsuoka.html
https://ameblo.jp/mitsuokashota/
[三丘翔太 テイチクエンタテインメント]
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/mitsuoka/






nice!(6)  コメント(0) 

五条哲也(日本クラウン)  デビュー10周年記念曲「桜並木の向こうに」  初の杉本眞人作品  心に入る感動曲の声も [インタビュー]

五条哲也.jpg◆日本クラウンの歌手、五条哲也がデビュー10年を迎えている。2017年8月に出した10周年記念曲「桜並木の向こうに」は、彼が初めて歌う杉本眞人の楽曲。愛する人を失って悲しみを抱えながらも、力いっぱい生きていこうと歌うバラードである。ファンからは「心にしみいる感動曲」と絶賛する声も聞かれるほど。30歳を過ぎてからのデビューであったが、ここに来てじわじわと人気を高めている。



五条哲也・桜並木の向こうに.jpg









 関西ローカル歌手としてのデビューかと思えば、東京でスタートを切っている。それほどに関西で出演する機会が多い。デビューして4年ほどは東京で活動していた。ふる里の関西に足を向けるようになったのは3作目の「北へ流れて」(2011年)あたりからである。もっと関西で名前を覚えてもらわないといけない、とアドバイスを受けてのことだった。
 五条哲也は「ここ2、3年は関西での仕事のほうが多くなりました。逆に東京にもっと力を入れなくてはいけなくなってきています」と笑う。
 そんなこともあってか、8月23日に「桜並木の向こうに」をリリースしてからは「デビュー当時にお世話になった東京のCDショップへ、報告を兼ねてキャンペーンで訪ねています」という。

 新曲「桜並木の向こうに」を作曲した杉本とは、五条は何度か一緒に仕事をしてきたが、楽曲の提供を受けるのは、今回が初めてだった。♪ ひゅうひゅうと散る花びら ~ は、この作品のサビともいうべきところだが、杉本は「もっと良い表現ができないかぁ ~ 」と何度も歌い直しを求めた。
 この時五条は、同じ言葉でも表現が如何に大切かを改めて知らされることになった。
 「僕はもともとキーが高い歌が得意なんですね。今回は標準まで下げて、低い音も歌えるように挑戦しました。今までになかったことだけに、表現とともに今回の楽曲で苦心したところでした」

 こうして出来上がった「桜並木の向こうに」は、誰からも評判が良いという。
 ファンの間からは「曲と詞がグッと心の中に入ってくるようで、聴いて感動した」といった声も聞かれる。

■性格は控えめ!?

五条哲也2.jpg 五条は歌手になりたくて19歳で上京。東京では音楽専門学校に入学している。しばらくして団しんやの付き人になるが、ボランティアで施設で物真似で歌っていたこともある。そんな時期に、音楽や漫談などすべてを取り入れて、客を楽しませるコツを学んだ。今でも時折、ステージで披露する小林旭の物真似も、この時に身に着けたものだった。

 夢とは程遠い下積みの毎日だった。控えめな性格で、表に立つのが自分に向いているのかずっと迷っていたこともあった。それでも30歳までは頑張ろう。だめなら生まれ育った京都に帰って、ほかの仕事に就こうと決めていた。
 「諦めなかったのが良かったです」
 辞めようと弱気になった時もあった。それでも応援してくれた人がいたことが、支えになった。そんな1人が今の事務所の社長だった。



 それが縁で日本クラウンのディレクターを紹介され、作曲家徳久広司のレッスンを受けるようになる。2007年10月には徳久が書いた「さすらいおはら節」で、日本クラウンからデビューした。

■歌うエンターティナーへ

 五条は歌手であるとともにエンターティナーであることを目指す。
 「僕のステージを見てもらう人たちに、楽しんで喜んでもらわないといけない。もちろん歌手ですから歌は百パーセントの力を出して歌いますが、それにプラスアルファが必要だと思うんです。一方通行じゃなくて、一緒に楽しめる何かが」
 客を楽しませなければ、と絶えず思うのは、やはり関西人の性なのだろうか。去年、京都市内のホテルで開いたディナーショーではダンスを披露している。今年の<出し物>は、まだ決まっていないそうだが「いろいろと楽しんでもらえるライブにしたい」と、張り切る。

 去年はビートルズ来日50周年であったことから、それを記念してマッシュルームヘアーにした。これもファンサービスだったが、意外にも不評を買ったことから、即座に元に戻したというエピソードも持つ。エンターティナーになるのも難しいようである。






[五条哲也 オフィシャルサイト]
http://www.leoproduction.co.jp/tetsuya/
[五条哲也 日本クラウン]
http://www.crownrecord.co.jp/artist/gojou/whats.html






nice!(7)  コメント(0) 

塚原哲平(ホリデージャパン) 「北国の街から・・・愛をこめて」 女性の心情を甘く歌う  LINEスタンプでアピール [インタビュー]

塚原哲平.jpg◆同じホリデージャパンの歌手加門亮、若原りょう、幸田和也らとともに「ホリデージャパン華の4人衆」を名乗る塚原哲平は、同じレコード会社の宮路オサムを頼って上京、歌手への道を歩んできた。2008年9月にホリデージャパンから「男の金字塔」でデビューして、今年で10年になる。高校、大学と野球をしていたからではないだろうが、新曲「北国の街から・・・愛をこめて」への思い入れは<一曲入魂>と硬派ぶりを見せる。


塚原哲平・北国の街から・・・愛をこめて.jpg









 「北国の街から・・・愛をこめて」は、今までのように声を張らずに抑えて歌っている。「これが結構難しいですね」と塚原。
 発売された当初は1日5軒のカラオケ喫茶店を回る歌唱キャンペーンを繰り返した。「倒れるかと思いましたが、これくらいやらないと、歌が伝わらないと思い、手を抜くことはしませんでした」
体育会系の面目躍如である。

 新曲をよりたくさんの人に知ってもらおうと、自身の似顔絵をモチーフにしたLINEスタンプを制作して、販売を始めている。塚原哲平スタンプhttps://line.me/S/sticker/1453824
塚原哲平・LINEスタンプ.jpg インパクトのあるスタンプはSNS時代に合わせた新しい情報発信のようだ。可愛いといった声も聞かれるなど、評判は上々だとか。
 「中条きよしさんがやっていたのを参考にしたのですが、他人がしていないことで宣伝したかった」

 カップリング曲は、同じ熊本県出身で九州で活躍した演歌歌手で舞台役者の故ばってん荒川が、20年前から歌っていた「帰らんちゃよか」をカバーした。
 歌は、歌手を目指して上京した塚原に、段ボール箱いっぱいの食べ物を送ってくれた母親の姿とダブる。箱に一緒に入っていた「頑張って」と書かれた母親からの手紙には何度も勇気づけられたという。

 「ある時、母から送られてきた荷物の中に1枚のCDが入ってましてね、それがばってんさんの『帰らんちゃよか』だったんです。その母は僕がデビューする半年前に亡くなってしまいました」

 その時の母親の心の内を今、塚原は歌い始めている。

■ヒットはよく食べることから

 4人衆は食べることが大好きだ。どこへ行ってもよく食べる。
 衣装が合わなくなったと言う幸田和也ほどでないしても、メンバーはこのところ太り気味である。塚原たちは揃って出かけた関東地区でのCDショップへのキャンペーンでも、予定時間より早く現地に到着したのを口実に、朝から山盛りのどんぶり飯といった具合であるから、まるで関取のよう。

 もちろん4人は訪問先でそれぞれ、歌って新曲をアピールする。店によっては4人衆のコーナーを作ってくれているところもある。
 そこで「北国の街から・・・愛をこめて」を歌う塚原は「初めて歌うジャンルの楽曲ですが、手応えを感じます」と、朝飯効果を発揮する。
 4人衆の共通項はムード歌謡らしいが、塚原は1人、はぐれ鳥のように今まではムード歌謡は歌ってこなかった。それでも最近は「『北国の街から・・・愛をこめて』のように、女性の心情を歌うムード歌謡寄りが多くなりました。これからはムード歌謡をどんどん歌っていきますよ」と笑ってみせる。






[塚原哲平 オフィシャルサイト]
https://ameblo.jp/osamuennka-3926/
[塚原哲平 ホリデージャパン]
http://www.holiday-japan.co.jp/menu/artist_ta2_tt.html






nice!(6)  コメント(0) 

こおり健太(徳間ジャパンコミュニケーションズ)  「風花」 ますます高まる男女問わない人気 [インタビュー]

こおり健太.jpg◆徳間ジャパンコミュニケーションズの歌手、こおり健太の人気が高まっている。このほど関西地区で3日間にわたって行ったカラオケ喫茶店などでの歌唱キャンペーンでも、今までの女性ファンとともに男性ファンが歌う姿も見られるなど、ファン層の広がりが見られた。2017時6月に出した「風花」は、前作に続いてオリコンの演歌チャートでは初登場1位にランキングされたなど、1作ごとにその支持の高さを見せている。11月には大阪市内でライブも予定している。


こおり健太・風花.jpg









 「風花」は作詞が田久保真見、作曲岡千秋。こおり健太とっては、いずれも初めての顔合わせであった。「僕のために一生懸命に作ってもらった作品です。岡先生にはアレンジの打合せの時に初めてあいさつをしましたが、父のような空気を感じました」(こおり)

 その「風花」は女歌である。保育士を経験しての歌手デビューである彼ならではの優しさが、にじみ出ているような楽曲である。そんな彼であるから、当初から女性人気の高さは言うまでもない。発売1ヶ月前から全国各地で新曲予約キャンペーンを行ったが、そこでもたくさんの女性ファンが行列を作っていたほどである。


こおり健太2.jpg 今までの彼の支持基盤は女性であったわけであるが、ここにきて男性の支持もぐっと高めている。9月12日から14日までの3日間、大阪府内など6ヶ所で行った歌唱キャンペーンでは、たくさんの女性ファンに混じって男性の姿もあり、一緒に「風花」を歌う光景も見られた。
 そんな彼を全会場を追っかけた女性ファンのひとりは「こおり君の魅力は何といっても心にしみこんでくる声です。聴くたびに身震いするほどです」と話している。

 こおりはデビュー9年目である。デビュー曲は2008年にキングレコードから出した「口紅哀歌」。今の徳間ジャパンコミュニケーションズには、2011年の「泣いてください」から。以来、新曲を出すたびに大阪でのキャンペーンを続けている。




 デビューから9枚目のシングルになる「風花」は、詞とメロディーが強烈に女性ファンを惹きつける。しかも彼は「1番から3番まで、歌の後半に ♪ 嘘でもいいの ~ といった同じ歌詞が出てきます。その歌い分けの楽しさを味わってほしいです」と、歌いどころをアピールする。


 こおりは「みなさんからの支持率が高まっているのは、励みになります。最近は歌の移り変わりのスピードが早いですが、より多くの人たちに長く愛されるように歌っていきたいです」と話している。

 10月6日にはNHKの歌番組「ごごウタ」への出演も決まっているという。また11月 28 日には、大阪・阿倍野のライブハウス・あべのROCKTOWNでライブも開く。





[こおり健太 オフィシャルサイト]
http://k-kenta.sakura.ne.jp/wp/
[こおり健太 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
http://www.tkma.co.jp/enka_top/koori.html






nice!(5)  コメント(0) 

演歌ジャックス、真木柚布子・桜井くみ子をゲストに10月放送分を収録 [テレビ]

◆奈良テレビ放送やJ:COM関西などで放送されている歌番組「演歌ジャックス」の10月放送分の収録が、2017年9月13日、大阪市内で行われた。ゲストはキングレコードの真木柚布子、日本クラウンの桜井くみ子。それぞれ「ホタルの恋」「哀愁流転」といった新曲を歌っていた。いずれも同番組初出演。

演歌ジャックス.jpg
演歌ジャックス2.jpg
ゲストトークコーナー(上=真木柚布子、下=桜井くみ子)

 真木柚布子は、去年夏に訪ねた鹿児島・知覧で出合った、特攻隊員と女学生の恋物語をモチーフに制作して、8月23日に発売した「ホタルの恋」を歌った。同曲はカップリング曲の「歌謡芝居 ホタルの恋」と、11月20、21日が初演で上演時間が1時間にも及ぶ演歌ミュージカル一人芝居「知覧のホタル」の劇中歌であることなども紹介した。

真木柚布子2.jpg真木柚布子.jpg
真木柚布子

関連記事=http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2017-09-13

 この日はBSテレビで久しぶりにクイズ番組に出演して2位になったことも報告していた。真木は新人時代にも出演したクイズ番組で、見事全問正解してトップ賞を獲っているほどで、まさにクイズの女王でもある。


 桜井くみ子は、デビュー10周年記念曲の今作「哀愁流転」で、初めてドレス姿で歌っている。「和服のほうが落ち着く」と話すが、子供の頃は田んぼで泥まみれになってオタマジャクシを取って遊んでいたとも。「哀愁流転」は、心のの底にある悩みを吐き出すように、ワルツのリズムで歌う。実際に上京してからデビューまでに費やした8年の間には、様々な悩みもあったという。そんな自分自身の想いも込めて歌う。

桜井くみ子.jpg桜井くみ子2.jpg
桜井くみ子

関連記事=http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2017-09-09

 またマンホールのふたの写真集めや、函館の五稜郭から那覇の首里城まで全国百名城を訪ねるといった趣味も紹介していた。

■MARI、来年1月にCDデビュー

 レギュラー陣からは林よしこ、山田壽一、MARI、TAIKI、小川リエ、新浩司、花咲理佳、青海涼が出演した。MARIは来年1月にも待望のCDデビューを果たす。12月17日に大阪・湊町のホテルモントレ グラスミア大阪で開かれる演歌ジャックスクリスマスディナーショー(2018年1月放送)で披露する。

林よしこ.jpg山田壽一.jpg
林よしこ「ときめいて」(左)山田壽一「風ごよみ」

MARI.jpgTAIKI.jpg
MARI カバー曲(左)TAIKI「グッバイ・マイ・ロード」

小川リエ.jpg新浩司.jpg
小川リエ「浪花の一番星」(左)新浩司「北慕情」

花咲理佳.jpg
青海涼.jpg
花咲理佳「青い薔薇」(上)青海涼「夢恋街」


[メディアジャックス オフィシャルサイト]
http://www.mediajacks.jp/






nice!(6)  コメント(0) 

真木柚布子(キングレコード)  「ホタルの恋」 ホタルになってきっと帰ってきます  演歌ミュージカル一人芝居の新作「知覧のホタル」の劇中歌 [インタビュー]

真木柚布子2.jpg◆キングレコードの歌手、真木柚布子が演歌ミュージカル一人芝居の新作「知覧のホタル」を2017年11月20、21の両日にわたって東京・渋谷の伝承ホールで行う。太平洋戦争中の実話をモデルにしたフィクションで、特攻機に乗って飛び立っていった若い飛行兵と女学生の悲しくて切ない恋物語に仕上げた。全編鹿児島弁での真木のセリフも見どころ。これと並行して制作されたのが、8月23日に発売されたシングル「ホタルの恋」。カップリングには11分半の「歌謡芝居 ホタルの恋」を収録している。








真木柚布子・ホタルの恋.jpg 鹿児島・知覧町にある富屋旅館。その前身である冨屋食堂には、明日は特攻機に乗って死んでいく運命にある若き特攻兵たちが、「お母さん」と呼んで慕い心のよりどころとしていた食堂の鳥濱トメさんがいた。そこでの彼らのエピソードはたくさん残っているが、「僕はホタルになってあなたの元に帰ってきます」と言って散っていった飛行兵の物語は、今までにも映画やドラマでしばしば演じられてきた。

 真木布柚子が歌と芝居で演じてきた演歌ミュージカル一人芝居の第5弾となる「知覧のホタル」もまた、それに材を取ったが、内容も登場人物もフィクションである。芝居では真木が女学生から80代の女性、特攻隊員の母、ナレーションと1人で4役を演じ分ける。
 中でも苦労したのが鹿児島弁であった。地元の俗謡として歌い継がれている「茶碗蒸しの歌」も、鹿児島弁で見事に歌っている。「イントネーションを覚えながら、セリフを覚えるのが大変」(真木)だった。

 鹿児島・南日本放送でラジオのパーソナリティーをしている女性から電話で指導してもらった。真木は「電話を録音して、それを繰り返し聞いて勉強しました」と、その苦労ぶりを明かした。

■命の大切さを伝える

真木柚布子3.jpg 真木が知覧を訪ねたのは去年の8月だった。仕事を終えて宿泊先に選んだのが富屋旅館であった。そこで見聞きしたのが、悲しくも虚しい特攻の話だったのである。ホタルになって帰ってくる、と言って女学生と永遠の別れをした特攻兵が、実際にホタルになって戻ってきた話もその時に聞かされた。

 「これを次の一人芝居にしよう、と衝動に駆られ、死んでいく若い特攻兵と女学生の恋物語が、出来上がっていました。偶然に宿泊することになった富屋旅館でしたが、今となってみると、それを演じるために導かれてきたような気がします」

 太平洋戦争をテーマにした真木の一人芝居には「九段の母」もあるが、それにも増して「知覧のホタル」では、家族を守るといった使命感とは裏腹に、本当は死にたくなかったという彼らの心の内を表現しようとしている。



 当時の女学生たちも、今では90歳近くなっている。亡くなっている人もいる。そんな今であるからこそ、真木は「戦争は決してしてはいけないと、後世に伝えていく必要があります。たくさんの人に『知覧のホタル』を見て、歌を聴いてもらうことで、命の大切さを伝えていけることを期待しています」と、話している。

■11月には特別公演

 一人芝居「知覧のホタル」の劇中歌が「ホタルの恋」である。カップリングの「歌謡芝居 ホタルの恋」は、知覧のホタルを11分半に縮めたもの。この中にも「ホタルの恋」が挿入されている。
「歌謡芝居 ホタルの恋を聴いてからホタルの恋を聴いてもらえると、一層感情が高まると思います」(真木)

真木柚布子4.jpg真木柚布子5.jpg
「ホタルの恋」を歌う真木柚布子

 富山県高岡市で9月10日に開かれたファンクラブ北陸柚子の会「真木柚布子まつり」でも、「ホタルの恋」「歌謡芝居 ホタルの恋」を披露している。18日には再度、鹿児島にも出かけて歌う。「北陸のファンの人たちにも喜んでもらいました」と真木が言うように、新曲の評判は良い。9月18日付のオリコン演歌チャートでも、18位と高ランキングを維持している。

 発売後初の大舞台での披露となる東京・伝承ホールでの真木柚布子特別公演では、約1時間の一人芝居と約2時間の歌謡ショーのステージに桜の花とホタルが舞う。





[真木柚布子 オフィシャルサイト]
http://www.yukomaki.com/
[真木柚布子 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=12453






nice!(5)  コメント(0) 

三門忠司(テイチクエンタテインメント) 「夫婦みち」 歌いやすく覚えやすいと好評 絶対にヒットへ [インタビュー]

◆「人生80からやで」と言うのは、今秋、73歳を迎える三門忠司である。人生の本番を迎えるまではまだ7年もあるわけで、今大いに元気をみなぎらせる。その秘訣は「毎年新曲をもらって歌えることに幸せを感じること。それ以上を望むとバチが当たる」という。2017年6月に出した新曲「夫婦みち」は「歌いやすくて覚えやすいので評判が良いです。絶対にヒットするで~」と、自信を見せている。

三門忠司.jpg






三門忠司・夫婦みち.jpg


 今まで三門忠司の歌には、演歌ならではの耐え忍ぶ女性が登場する作品が多かった。「夫婦みち」のように、夫婦を題材にした幸せ演歌は初めてだと言う。夫婦ものは2005年に「百年坂」を出して以来だとも。評判がいいのは、そんな久しぶりの夫婦演歌なのと、歌いやすいところに理由があるのかも知れない。

 30代から80代まで幅広いファン層に支えられている。とりわけ「80代の女性は元気やね。カラオケ歌って疲れ知らずや」と話す三門。そんな女性に向けてのメッセージを込めて歌っているのだろう。

 「♪ 今日から俺は お前と一緒 ~ の歌詞にあるように、今までは迷惑をかけてきたけど、これからはお前と共に歩いて行くで、と年を重ねた夫婦を歌っています。落ち着くとこに落ち着いた、といったところでしょう」
 そこには放蕩三昧だった夫を許す妻の姿が見えてくる。「きっと芯の強い女性なんでしょうね」(三門)。

[新月]?熱く歌って38年

 三門はデビュー38年目になる。脱サラして36歳での歌謡界入りだった。「クヨクヨせずに、毎日少しの焼酎を飲む」のが若さの理由。
 同じレコード会社の永井みゆきなど大阪・岸和田市出身の歌手4人と一緒に、今年6月に岸和田市観光大使に任命されている。全国に岸和田をアピールしていくのだという。

 「岸和田の良いところは、やはり毎年秋になると、老いも若きも、町ぐるみでだんじり祭りに熱くなるところでしょう」

 だんじりの熱さをそのままに、今まで歌に反映してきたのだろう。そんな熱気とは裏腹に三門は「40周年までは元気にやって行きたい」と、やや控え目であるが、2017年末には大阪・梅田のヒルトンホテルでディナーショーを予定しているなど、その40周年に向けて走り出している。






[三門忠司 テイチクエンタテインメント]
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/mikado/






nice!(5)  コメント(0) 

ミヤコ瓢箪山店・松山音楽事務所 歌謡フェスタ in イトーヨーカドー東大阪店 幸田和也らが新曲歌う [ライブ]

◆第1回開催から4年目を迎えている「歌謡フェスタ in イトーヨーカドー東大阪店」が、2017年9月10日、大阪府東大阪市のイトーヨーカドー東大阪店で開かれた。

歌謡フェスタinイトーヨーカドー東大阪店.jpg
「歌謡フェスタ in イトーヨーカドー東大阪店」の出演者たち


 CDショップミヤコ瓢箪山店と歌手松山ひろしの松山音楽事務所(大阪市)が共同で毎月、開催しているイベント。この日は幸田和也、みず来明姫(みずき・あき)晴香うらら、天水春伽、それにレギュラーの松山ひろしが出演した。


幸田和也.jpg
幸田和也

 新曲「哀色の街」をなどを歌ったデビュー10年目の幸田和也。大阪・羽曳野市出身で大阪でデビューしたが、現在は拠点を東京に移している。この日も早朝4時に起きて大阪入りした。
8月末には神戸市でKOBE流行歌ライブで「哀色の街」を披露したが、10月18日には今度は大阪流行歌ライブにも出演する。
 さらに12月14日は再びKOBE流行歌ライブで、同じレコード会社の加門亮、若原りょう、塚原哲平とともに「ホリデージャパン華の4人衆」として出演する。


松山ひろし.jpg
松山ひろし

 出身地の松山市をそのまま芸名にした、レギュラーの松山ひろしは、最新曲の「人生夢勝負」などを歌った。12月6日には新曲を発売するのに続いて、来年3月にもリリースを予定している。


みず来明香.jpg天水春伽.jpg
みず来明香(左)と天水春伽

 みず来明姫、晴香うらら、天水春伽も最新曲なども最新曲などを歌った。

晴香うらら.jpg
晴香うらら

 「淡雪ふたりづれ」を歌う晴香うららは11月10日、大阪・あべのハルカス13階の京都北山ダイニングで開かれる歌謡ショー(主催・ミヤコ瓢箪山店)で徳間ジャパンコミュニケーションズの歌手、黒川真一郎と共に出演する。


[ミヤコ瓢箪山店 オフィシャルサイト]
http://www.k4.dion.ne.jp/~sarii/burogu2.html






nice!(5)  コメント(0) 

福田こうへい(キングレコード)  芝居と歌で泣かせた特別公演 「母ちゃんの浜唄」  大阪・新歌舞伎座9月公演 [舞台]

◆鰯も7日で鯛になる―。福田こうへい特別公演の芝居「母ちゃんの浜唄」で、まだ幼い主人公こうへいは、毎日の晩ご飯のおかずが鰯なのに飽き飽きとしていた。その母・はるが、いつもそう言い聞かせていた言葉である。高度成長期の昭和時代を象徴するかのような言葉でもある。福田こうへいはデビュー5年で、鯛ならぬ売れっ子歌手の仲間入りを果たしている。2部の福田こうへいコンサートでは、30万枚超の大ヒット曲「南部蝉しぐれ」から2017年9月27日に発売される新曲「道ひとすじ」まで全14曲を歌った。公演は9月21日まで。

福田こうへい特別公演1.jpg
新歌舞伎座では3度目の公演となる福田こうへい特別公演


 今回の芝居は昭和30年代後半の東京を舞台に、中学を卒業したばかりの主人公が集団就職で岩手・宮古から上京し、時代の流れにもまれ、たくさんの悩みを抱えながらもふる里や母親を想う姿を描いている。
 主人公を演じる福田こうへいにとって新歌舞伎座公演は3度目。初陣はデビュー2年目の2015年7月である。三橋美智也の半生を綴った芝居「歌こそ我が命 ~三橋美智也物語~ 」と歌謡ショーの座長公演だった。今回はセリフは倍に増えて、笑いと涙の人情劇を見せてくれている。

 「母ちゃんの浜唄」は2001(平成13)年、主人公こうへいが東京・築地の川岸で、今は亡き母親に語りかけるシーンから始まる。そして場面は一気に昭和30年代のふる里・宮古へ。はるは魚市場に捨てられた鰯を集めて、売り歩いていた。今回の公演に合わせて福田が2017年2月に出したシングル「母ちゃんの浜唄」を基に構成されたものである。


 上京したこうへいは築地近くの新富町にある乾物店で働いる。
 それから数年後、田舎から出てきた母親を主人公のこうへいが、その田舎者ぶりが恥ずかしくて、岩手弁でまくし立てるように追い返えしてしまう。
 若い男の子にはありがちである。もちろんこうへいの本心ではなかったのだが、仕方なく帰って行く母親の姿に、涙をこらえる人たちも。

 それでも息子の行く末を心配してやまない母親だったが、しばらくして亡くなってしまう。それが主人公にとって母親と話す最後となるのであるから、さらに観客の涙を誘わないはずがない。

 新歌舞伎座による事前のインタビューで福田も「せりふを口にしたら僕自身も胸が詰まり、泣きそうになってしまいました」と話しているほどである。

■ふる里に歌碑も

福田こうへい特別公演2.jpg 福田はデビュー前からステージに立っても、話す時は岩手の言葉そのままである。それはデビュー後も変わらず、福田を見る人、聴く人に一層親しみを感じさせている。
 この日の新歌舞伎座には、岩手のふる里から同じ言葉を話す人たちがたくさん応援に駆けつけ、ペンライトを振っていた。その生まれ育ったふる里には、福田の歌碑が建立されることが決まっているという。

 2部のコンサートではそんなふる里の民謡「外山節」(岩手・盛岡)なども披露した。

 また「母ちゃんの浜唄」「父子鷹」「北の出世船」「南部蝉しぐれ」とオリジナル曲とともに、NHK紅白歌合戦でも歌った「東京五輪音頭」、浪花を題材にした「浪花節だよ人生は」「河内おとこ節」などを歌って、ファンを沸かせていた。

 発売日は公演終了後の27日という新曲「道ひとすじ」も、一足早く聴かせた。

 さらに「身体は小さいけれど歌声は大きく届けます」と、全身で声を張り上げたり振り絞るようして歌っていた。

 福田は「(歌で)1人でも多くの人が元気になってもらえるように、これからも初心を忘れないように努力していきます」と語りかけていた。


[福田こうへい特別公演 新歌舞伎座]
http://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/20170901.html
[福田こうへい キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=44399






nice!(6)  コメント(0) 

桜井くみ子(日本クラウン) 「哀愁流転」  悲恋を歌ったデビュー10周年記念曲  人気曲「海宿」「別れの港」も収録 [インタビュー]

桜井くみ子.jpg◆デビュー10周年の桜井くみ子が初心に帰って歌う「哀愁流転」。10周年記念曲として2017年5月に出した悲恋歌である。カップリングには、カラオケ定番曲としてファンから高い支持を受けている人気曲「海宿」(2015年)「別れの港」(2012年)の2曲を収録している。10周年記念コンサートも終えて「新曲は自分の今の気持ちを飾ることなく、素直に歌える楽曲」と、一心不乱に歌い続けている。


桜井くみ子・哀愁流転.jpg










 「哀愁流転」は男女の恋歌であるが、「力強く芯のある歌い方で、一声ひと声がしっかりと前に出るように歌っています」と桜井。
 弦哲也の作品は「海宿」以来、2作目。レコーディングまでにみっちりと2度レッスンを受けた。もっともっと、と声を出すことを求められた。
「私にはあまりなかったタイプの作品だけに、とことん歌い込んだほうが気持ちを呼び出せたようです」

 そんな想いを込めたのか、デビュー以来ずっと着物だった衣装も、今回初めて洋服にして気分一新を図った。ジャケットも「手に取ってもらえるように」と、10周年にかける桜井の心のうちを感じさせる、自身の表情を強調した。

桜井くみ子3.jpg「クラウン歌う王冠ライブ」で歌う桜井くみ子

 カップリングに収録したのは、いずれもここ数年に発売した中でも、カラオケでもとりわけ人気の高い楽曲を2曲選んだ。「10年の歩みを詰め込むつもりで選曲しました」(桜井)というもので、中でも「海宿」は発売から2年がたつが「キャンペーンで歌うと、必ずCDはないのと尋ねられます」(同)と評判が高い。同様に「別れの港」も人気は衰えていないという。

 桜井ファンにとって「流転哀愁」は、たまらない1枚と映っているはずである。

■感じるままに歌う

 桜井くみ子のデビューは2008年7月であった。日本クラウンの創立45周年記念オーディションでグランプリを獲ったのが、歌手へのきっかけとなっている。18歳と6ヶ月で短大を中退して上京した。デビューを8年の歳月をかけて手に入れた努力家である。
 「デビューまでの不安だった気持ちなど、10年間のいろんな自分の想いをこの歌の中に込めています」(桜井)

 デビュー当初は明るく元気な楽曲を歌っていた彼女も、このところは専ら大人になった女性らしく、哀しいの恋心を表現するようになった。
 「今の気持ちを、ただ一心不乱に歌っているだけ」と桜井。ファンの笑顔が一番の励ましだともいう。
 今年7月には「10周年記念コンサート ~ありがとう夢に向かって一歩ずつ~」を、東京・日本橋公会堂で開いている。初のソロコンサートでもあった。「地元大阪でもソロコンサートが行えるように頑張りたい」。

 大阪府堺市出身。マンホールの蓋の写真を撮るのが趣味である。今までに撮影したのは100ヶ所余になる。地元堺市のマンホールは、花しょうぶなどのデザインを採用しているのだという。

 桜井は「今までの歌は、決して形からはみ出さない歌唱でした。これからは自分の感じるままに表現出来るようにしていきたい」と、今までになく歌うことに真摯に向き合っている。






[桜井くみ子 オフィシャルサイト]
https://ameblo.jp/kumiko-sakurai/
[桜井くみ子 日本クラウン]
http://www.crownrecord.co.jp/artist/sakurai/whats.html






nice!(7)  コメント(0) 

岡ゆう子(キングレコード)  「しあわせの サンバ」  日本を明るくする歌  メソソメするよりも陽気に明るく歌いましょう! [インタビュー]

岡ゆう子.jpg◆クヨクヨと泣いても、笑っていても同じ人生だよ。それなら笑顔で楽しく過ごそうよー。明るく話すキングレコードの歌手、岡ゆう子が歌う新曲「しあわせの サンバ」は、タイトルの通りにサンバのリズムが、聴くもの誰もを明るくしてくれる。レコーディングでは「自然と楽しくなってきて、踊りたくなってきた」と岡。作詞の仁井谷俊也、作曲の岡千秋の両人もノリノリで、岡自身も「1度、こうした歌を歌ってみたかった」と、笑顔を見せるほど。イントロをはじめ楽曲の随所にホイッスルの音がはさまれて、とにかく全編が陽気で明るい作品である。


岡ゆう子・しあわせのサンバ.jpg









 「岡千秋先生がピアノを弾きながら自ら歌っているデモテープを初めて聴いた時、自然とウキウキとしてくけような歌でしたね」(岡)。
 彼女がもらった新曲の候補はい6作ほどあったが、とにかく「しあわせのサンバ」の明るいリズムが耳から離れない。これしかない、と強烈な印象だった。

 強烈なのは歌だけではない。衣装もまたパンチが効いている。
 サンバのリズムにのって踊り子が踊るブラジルのカーニバルは有名であるが、さずがにそこまで肌を露出した衣装には抵抗があるのか、着物に背中には、サンバカーニバルを連想させる大きな帯を結んでいる。腰には大きな花。そして頭にはティアラといった具合に、とにかくド派手。
 「車の移動じゃないと、遠方への衣装の持ち運びは難しいですね」
 と、取材時には平服だった。

 「この楽曲ならアマンダがいい」と、舞台女優のアマンダに振付を依頼した。プロモーションビデオ(PV)には、岡のバックでアマンダが踊る姿や、彼女が岡に振付をレッスンする模様も収まっている。
 「最初はダンスにテレもあったんですよ。でも今は慣れてきました。ダンスは2時間ほどかかりましたが、楽しい歌ですから1度覚えてしまうと簡単ですけどね」

岡ゆう子・しあわせのサンバPV.jpg
アマンダと踊る「しあわせのサンバ」のPV


 今までの岡ゆう子のイメージとはガラリと変わっているだけに、初めて耳にする人の中にはキョトンとしてあっけに取られている人もいる。
 「でも、歌を聴いているうちに身体を動かし始める人もいるんですよ。やっぱりサンバのリズムは人を陽気にしてくれるんですね。カラオケ発表会・大会で歌うと、きっと目立つと思います」

 取材中には、終始明るい笑顔を見せてくれていた岡だが「こう見えて、結構暗いんですよ。クヨクヨもしますしね」と、ハハァと笑って話してくれた。

 岡は「この『しあわせのサンバ』は、日本中を明るくしてくれる歌だと思います。こんなリズム歌謡は大好きですし、この先も歌い続けていきたいジャンルですね」と話していた。

■29日にはカラオケ大会も


 「岡ゆう子<しあわせのサンバ>カラオケ大会・ダンス大会」を2017年9月29日に、キングレコード関口台スタジオで行う。出場するのはカラオケ・ダンスともに、事前に応募のあった作品の審査で勝ち残った人で、岡千秋、アマンダらが審査を行う。当日は岡ゆう子のミニライブも開かれる。





[岡ゆう子 オフィシャルサイト]
http://www.pinemusic.co.jp/
[岡ゆう子 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=18564






nice!(5)  コメント(0) 

第155回KOBE流行歌ライブ  田中収、幸田和也、長浜有美、竹村こずえ、山内二郎が出演 [ライブ]

田中収(ニック・ニューサ)、幸田和也、長浜有美、竹村こずえ、山内二郎の5人が出演した第155回KOBE流行歌ライブが、2017年8月31日、神戸市中央区のハーバーホールで開かれた。

第155回KOBE流行歌ライブ.jpg
全員でステージいっぱいに歌って踊るエンディングを見せた第155回KOBE流行歌ライブ


 この日のトリは、2年ぶりの出演となったホリデージャパンの田中収(ニック・ニューサ)。1981年のデビュー曲「サチコ」はたくさんの人たちに知られる代表曲となっている。客席の人たちとこれを合唱して、今なお多くの人たちの間に浸透する大ヒット曲であったことをうかがわせていた。5月に出した「妻へ」も披露した。

田中収・ニックニューサ.jpg
田中収(ニック・ニューサ)

 同じホリデージャパンの幸田和也はデビュー10年目。新曲の6枚目シングル「哀色の街」を歌った。ホリデージャパンは加門亮、若原りょう、塚原哲平の3人に幸田を加えた4人を、ホリデージャパン華の4人衆として売り出し中。12月にはこの華の4人衆のメンバーと共に、再びKOBE流行歌ライブに出演する予定だ。

幸田和也.jpg
幸田和也


 徳島県出身の長浜有美はエイフォース・エンタテイメント。デビュー36年というベテランである。今年1月に出した小田純平作品「恋鏡」を披露した。長く演歌を歌ってきたが、今作では初めて小田メロディーに挑戦している。

長浜有美1.jpg
長浜有美


 竹村こずえはデビュー3年目。146センチの小さな身体ながら、10トントラックを運転して、長女が二十歳という3人の子どもを育てたパワーは歌にも現れている。第5弾シングルとして5月に出した新曲「おんな三味線ながれ節」はロック演歌。三味線の音色に合わせた、小気味いいテンポの歌は彼女ならではである。

竹村こずえ.jpg
竹村こずえ

 山内二郎は熊本県出身の平成元年生まれ。7月23日から8月12日まで熊本県と大分県をまわるロングツアーを敢行。期間中は阿蘇市、玉名市でチャリティーライブも。この日は、2013年にエスプロレコーズからのデビュー曲「恋の新幹線」、今年3月発売の新曲「豊後流転」などを歌った。

山内二郎.jpg
山内二郎




nice!(6)  コメント(0) 

キングレコード歌謡選手権中九州地区大会、中村さんなど最優秀賞10人が10月の全国大会へ [カラオケ]

キングレコード歌謡文化アカデミー三田誠理事長、KBA)が2017年9月3日、熊本県荒尾市の荒尾総合文化センター大ホールで、キングレコードの歌手島津悦子をゲストに招き、カラオケコンテスト「キングレコード歌謡選手権中九州地区大会」を開いた。中村麻美さん(プラチナコース)壹岐亨矢=いきたかや さん(同)など最優秀賞10人と優秀賞15人などを選んだ。最優秀賞受賞者は10月29日に東京・芝のメルパルクホール で開かれる全国決勝大会に出場する。

キングレコード歌謡選手権・中九州地区大会 入賞者.jpg
キングレコード歌謡選手権中九州地区大会の入賞者とゲストの島津悦子(中央)

 キングレコード歌謡選手権地区大会の中九州地区大会には、35歳以下のプラチナコースから75歳以上のゴールドコースまで、熊本県など中九州地区各地の歌謡・カラオケ教室から選出された99人が出場した。
 プラチナコースで最優秀賞に選ばれた中村麻美さんは「Jewelry day」(絢香)を、同じプラチナコースの壹岐亨矢さんは「オモニ ~ 母へ ~ 」(小金沢昇司)を歌った。

中村麻美さん.jpg壹岐亨矢(いきたかや)さん.jpg
プラチナコースで最優秀賞に選ばれた中村麻美さん(左)と壹岐亨矢さん

 ゲスト歌手によるミニライブでは島津悦子が、今年4月5日に出した新曲「大菩薩峠」を歌唱するなど、会場を明るく盛り上げていた。また9月27日には金沢市内、10月8日には鹿児島市内、同26日には東京都内で「30周年記念コンサート」を開くことをアピールしていた。

島津悦子.jpg
ゲストでデビュー30周年を迎えている島津悦子さん

 各賞の受賞者は次の通り(敬称略)。
最優秀賞
中村麻美(プラチナ)壹岐亨矢(同)長谷川信子(エメラルド)福田恭子(同)水野誠一(サファイア)吉田まゆみ(同)下田慶二(ダイヤモンド)中島安子(同)橋村秀男(ゴールド)大城戸壱(同)
優秀賞
米光結一(プラチナ)平野智志(ルビー)北原輝也(エメラルド)町田久仁子(同)森本しのぶ(同)浦上京子(同)金光聖次(サファイア)坂本栄子(同)西山セイ子(同)町田恒雄(同)迫田関治(ダイヤモンド)中川節子(同)黒田春代(ゴールド)芝達也(同)野村恵美子(同)
審査員賞
渡邉京子(サファイア)羽田野友恵(同)藤見クミ子(ダイヤモンド)


■全国決勝大会
10月29日 東京・芝 メルパルクホール ゲスト:三笠優子、水城なつみ。。


[キングレコード歌謡文化アカデミー]
http://www.kingrecords.co.jp/KBA/






nice!(4)  コメント(0) 

井上実香(キングレコード) 東大阪の喫茶店でミニライブ 新曲「有りン子 / ナイト大阪」など全8曲を歌う [ライブ]

◆今夜もおじゃましまんにゃわぁ~ 。キングレコードの歌手、井上実香が2017年8月30日、大阪府東大阪市の喫茶店・喜里で、今年3月にリリースした「有りン子」を披露するミニライブを開いた。同店でのライブは、前作「とまり木情話」発売時に行ったもに次いで2度目。遠方から駆けつけて応援する馴染みのファンの姿も見られるなど、賑やかな一夜だった。

井上実香2.jpg井上実香4.jpg
店内いっぱいの客を前に歌う井上実香

 井上実香は、吉本新喜劇の役者で「おじゃましまんにゃわぁ~ 」のギャグで親しまれた父親・井上竜夫(故人)から引き継いだ、おじゃましまんにゃわぁ~ を合言葉に、各地でキャンペーンやライブを続けている。

 東大阪の喫茶店・喜里でのミニライブもその一環で、店内いっぱいの客は、同店ママの手料理を味わいながら井上の歌を聴いていた。また店主が「実香ちゃんのため生けた」という花で盛り上げるサービスぶり。

井上実香5.jpg
井上実香1.jpg
今夜もおじゃましまんにゃわぁ ~

 井上はオープニングで早速に「有りン子」を披露。ラストソングはカップリング曲の「ナイト大阪」を歌った。ナイト大阪は井上竜夫の芸能生活30年を記念して1990年に制作されたもので、彼女が父親と歌った最初で最後のデュエット曲。
 井上が年に歌手デビューするきっかけとなった1曲でもある。今回、彼女の歌を再収録した。

井上実香3.jpg井上実香6.jpg
オリジナル曲からカバー曲までを披露

 この日はまた、人気の高いラテン歌謡「逃げる月」(2008年)「大阪恋みれん」(2005年)「夢の風ぐるま」(2011年)のオリジナル曲のほか、佐川満男の「今は幸せかい」を聴かせた。


井上実香7.jpg
喜里の店主自ら井上のために生けた花とツーショット

[井上実香 オフィシャルサイト]
http://www.geocities.jp/mika_inoue_singer/






nice!(3)  コメント(0) 

キングレコード歌謡選手権南関東地区大会、伊藤純一さんなど最優秀賞9人が10月の全国大会へ [カラオケ]

キングレコード歌謡文化アカデミー(三田誠理事長、KBA)が2017年8月26日、東京都江東区の同区文化センターで、キングレコードの歌手山本あき水城なつみをゲストに、カラオケコンテスト「キングレコード歌謡選手権南関東地区大会」を開いた。伊藤純一さん(プラチナコース)稲葉幸恵さん(エメラルド)など最優秀賞9人と優秀賞16人などを選んだ。最優秀賞受賞者は10月29日に東京都内で開かれる全国決勝大会に出場する。

キングレコード歌謡選手権大会南関東大会・入賞者.jpg
キングレコード歌謡選手権南関東地区大会の入賞者とゲストの山本あきと水城なつみ

 キングレコード歌謡選手権地区大会の南関東地区大会には、35歳以下のプラチナコースから75歳以上のゴールドコースまで、南関東各地のカラオケ教室などから選出された90人が出場した。
 プラチナコースで最優秀賞に選ばれた伊藤純一さんは「愛のメモリー」(松崎しげる)を、エメラルドコースの稲葉幸恵さんは「マリーゴールドの恋」(木下結子)を歌った。

キングレコード歌謡選手権大会南関東大会・伊藤純一さん.jpgキングレコード歌謡選手権大会南関東大会・稲葉幸恵さん.jpg
最優秀賞の伊藤純一さん(左)と稲葉幸恵さん

 ゲスト歌手によるミニライブでは山本あきが新曲「桜の小径」水城なつみ「帰って来やれ」を、それぞれ新曲などを歌唱した。

キングレコード歌謡選手権大会南関東大会・山本あき.jpgキングレコード歌謡選手権大会南関東大会・水城なつみ.jpg
ミニライブで最新曲などを歌う山本あき(左)と水城なつみ


 各賞受賞者は次の通り(敬称略)。
最優秀賞
伊藤純一(プラチナ)山本麻紀(ルビー)石川秀子(エメラルド)稲葉幸恵(同)中村恵子(サファイア)石川顕(同)峯田悦子(ダイヤモンド)片野鎌三(ゴールド)見目正栄(同)
優秀賞
菅井茜練(プラチナ)金花(ルビー)濱崎淳一(同)青柳美樹(同)西野美智子(エメラルド)包秀華(同)大久保美華(同)草間泰・高木けい子(サファイア)古川すみ子(同)増野幹定(同)酒井キミ子(ダイヤモンド)山本康子(同)河村トミ子(ゴールド)中野玲子(同)横山和子(同)折原利吉(同)
審査員賞
菊田慶子(ゴールド)倉持啓子(同)櫻井すみ(サファイア)


■この後の同選手権の会場と日程、ゲストは次の通り。
地区大会
9月3日 中九州地区 熊本県荒尾市・荒尾総合文化センター 島津悦子

全国決勝大会
10月29日 東京・芝 メルパルクホール 三笠優子、水城なつみ


[キングレコード歌謡文化アカデミー]
http://www.kingrecords.co.jp/KBA/






nice!(4)  コメント(0) 

北沢麻衣(ホリデージャパン) 新曲「真っ赤なワイン」でライブ  今春オープンしたライブハウスBanaHallで  全15曲歌う [ライブ]

北沢麻衣012.jpg


◆今年3月に新曲「真っ赤なワイン」をホリデージャパンから出した北沢麻衣が、2017年8月28日、4月にオープンした大阪市北区のライブハウスBanaHallで、新曲など全15曲を披露した「夏の終わり・・・真っ赤なワイン Live」を開いた。今作も北沢の師匠にあたる杉本眞人が作曲している。8月23日発売の新曲「桜並木の向こうに」で初めて杉本の作品を歌っている五条哲也(日本クラウン)がゲスト出演した。

北沢麻衣1.jpg北沢麻衣9.jpg


 ライブは今年5月に、杉本眞人をゲストに招いて開いた新曲発表ライブ以来のもの。2013年からは「杉本眞人を唄うライブ」を続けている北沢麻衣だが、今回はオリジナル曲と懐かしの歌謡曲・ジャズなどを揃え、ゲストには同じ杉本作品を歌う五条哲也を迎えた。

北沢麻衣4.jpg
北沢麻衣010.jpg

 「真っ赤なワイン」は、ひとりワイングラスを傾ける主人公の心のうちをスローテンポなメロディーで表したバラード。杉本の世界を存分に感じさせてくれている。前作の「御堂筋線で・・・」に続いて、北沢が歌う意地っ張りで哀しい女のシリーズである。
 カップリングの「Fifty-fifty Love」とともに、ライブのラストで披露して会場は最高潮に盛り上がりを見せた。

北沢麻衣2.jpg北沢麻衣5.jpg

 北沢麻衣は大阪松竹歌劇団(OSK)出身で、クラシックやジャズなどを学び、1985(昭和60)年にポリドールから杉本眞人作曲の「私の胸をかじる人」歌手デビューしている。以来、杉本作品を歌い続けてきた。
 前作からは4年が開いたが、彼女の代表曲である「銀次-GINJI-」「港のセレナーデ」から続く、彼女ならではの恋ぐるしい大人の女の表現は、今作にも受け継がれている。

■越路吹雪にも挑戦

 ライブではその「銀次-GINJI-」「港のセレナーデ」「夜を越えて」「御堂筋線で・・・」(アコースティックギターバージョン)「道頓堀リバーサイドブルース」のオリジナル曲も披露した。

 懐かしの歌謡曲コーナーでは、五輪真弓の「恋人よ」のほか、OSK時代に歌っていたというシャンソンにも挑戦して越路吹雪の「サント・ワ・マミー」などをメドレー。子供の頃から大好きだったという高橋真梨子(ペドロ&カプリシャス)の「ジョニーへの伝言」など3曲を聴かせた。

北沢麻衣015.jpg

 この日のゲスト、五条哲也は8月23日にリリースした「桜並木の向こうに」と前作の「あきらめ上手」の2曲を歌った。デビュー10周年になる彼は、今作で初めて杉本作品に挑戦して、新しい五条哲也のイメージを作り出している。

北沢麻衣・五条哲也.jpg北沢麻衣・五条哲也2.jpg
ゲストの五条哲也

 2人はまた、11月9日に神戸・新開地で開かれるKOBE流行歌ライブに2人で出演して、杉本眞人作品を中心に歌うことになっている。

北沢麻衣7五条.jpg
北沢麻衣6.jpg


[北沢麻衣 オフィシャルサイト]
http://uta-utai.com/






nice!(5)  コメント(0) 

山田壽一(メロディーレコーズ)  大阪・天王寺でライブ  デビュー曲から民謡、ポップスまで   たきのえいじもギター演奏で応援 [ライブ]

山田壽一2.jpg◆9月9日で歌手デビュー3年目を迎える山田壽一(メロディーレコーズ) =写真・右= が、2017年8月27日、大阪市天王寺区のホテルアウィーナで「山田壽一 ライブ in アウィーナ」を開き、デビュー曲「風ごよみ」のほか演歌からポップスまでカバー曲なども披露。民謡歌手としても知られるだけに「おわら風の盆」なども聴かせるとともに、自ら踊りに加わってもみせた。











 大阪人は歌に合わせて踊るのが好きだ。
 山田がライブの終わりに、アンコールに応えて「1番思い入れがある」というデビュー曲のカップリング「愛しくて切なくて愛は遠すぎて」を歌い終わると、今度は江州音頭「忠臣蔵」を歌い始めた。すると1人ふたりと客席から立ち上がり、会場いっぱいに踊りの輪を作り始めた。

山田壽一3.jpg
山田壽一・おはら風の盆.jpg
「江州音頭」に「おわら風の盆」と踊りを交えて民謡も披露

 これにはこの日のゲストで、山田の「風ごよみ」「愛しくて切なくて愛は遠すぎて」を作詞・作曲した作詞・作曲家たきのえいじもも加わって、参加している誰もがライブの終わりを名残惜しそうに踊っていた。

 山田壽一は1953年生まれ。元JAの職員で、在籍中に民謡などを修得し、アマチュア歌手として盆踊りなど、ほうぼうでノドを披露していた。退職を機に2015年にメロディーレコーズから「風ごよみ」で歌手デビューした。今は奈良放送テレビなどで放送されている演歌番組「演歌ジャックス」にレギュラー出演している。

山田壽一5.jpg山田壽一6.jpg
オリジナルから民謡、ポップスまでを歌った山田

 大分県佐伯市出身の山田は「父親が網元をしていた」ということもあって、趣味は釣り。愛車にはいつも釣り道具をしのばせるほど。そんなこともあってか、カバー曲では福田こうへいの「北の出世船」も披露。

 山田はステージで「しばしばファンの方から、新曲を出さないのかと訊ねられますが、たきの先生に『風ごよみ』を作ってもらった時に、3年はこの歌を歌って下さい、と言われました。ですからもうしばらく歌っていきます。9月からは北海道へキャンペーンへ出かけ、全国津々浦々へ『風ごよみ』を届けていきます」と話した。

山田壽一・たきのえいじ.jpg
たきのえいじのギターで歌う山田
山田壽一4.jpg
尺八の伴奏で得意の民謡も

 ライブではまた、船村徹とたきのえいじの作品をメドレーで歌い、たきの作品のコーナーでは、たきののギター演奏に合わせての歌唱も。
また得意の民謡では、森田鵬水の尺八に合わせて宮崎県の民謡「日向木挽唄」も披露して見せた。

 ラストソングに用意したのは、なんと中島みゆきの「糸」。民謡から演歌、何でもこなす山田の真骨頂のようだ。彼の歌は突き抜けるような高音が特徴である。次に飛び出したのが野口五郎の「私鉄沿線」。「嫁さんが大好きだったし、私の得意曲でもあります」と、やはり高い声を響かせていた。

山田壽一1.jpg
カラオケ発表会では73人が歌った

 この日は、第1部は73人が熱唱した一般参加のカラオケ発表会。ライブでは星乃由美、正木奈々子のゲスト歌手も出演して最新曲などを披露した。

山田壽一・正木奈々子.jpg山田壽一・星乃由美.jpg
ゲスト歌手の正木奈々子(左)と星乃由美


[山田壽一 オフィシャルサイト]
http://www.office-y-music.com/






nice!(5)  コメント(0) 

2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ