So-net無料ブログ作成
検索選択

山城カミーラ美幸(ウェブクウ)   デビュー初の大阪キャンペーン  4年ぶりのサードシングル「海峡千里」  17年3月リリース [インタビュー]

山城カミーラ美幸1.jpg◆4年ぶりの新曲「海峡千里」をウェブクウから2017年3月に出した日系ブラジル3世の歌手、山城カミーラ美幸が、同年7月7日、初の大阪キャンペーンを東大阪市のCDショップ、ミヤコ瓢箪山店で行った。日本の演歌歌手に憧れて08年に来日、12年8月に「京都浪漫坂」(フリーボード)で歌手デビューした。今作は3枚目のシングル。同様に日本でデビューしているエドアルド(テイチクエンタテインメント)エンジュ(よしもとアール・アンド・シー)とはブラジル時代からの歌仲間である。


山城カミーラ美幸・海峡千里.jpg










 「海峡千里」は、愛おしい男性を海の向こうまで追いかけて行きたいけれど、それもままならない、切なくも激しい主人公の心の内を歌っている。作詞はたきのえいじ、作曲は佐田みさき、編曲は若草恵。
 そのプロモーションビデオ(PV)がまた衝撃的。
 着物のまま、海の中へと入って行くのである。今年2月に房総半島の白浜の海岸で撮影した。
 「誰もやっていない作品にしたかったけれど、監督が主人公の激しい気持ちを表現するために、衣装の着物のままで海に入ろう、と提案した時には、ちょっと驚きました」(山城)

山城カミーラ美幸4.jpg
4年間の沈黙を新曲「海峡千里」にぶつける山城カミーラ千里

 撮影は日の出とともに始めて、ほぼ昼ごろまでかかった。
 2月の房総の海はまだ冷たい。それだけに海に入るシーンは1発勝負。それでも胸元近くまで海に浸かっての撮影は、身体は凍るようで震えが止まらなかった。
 「近くには作曲家の佐田先生の別荘があるので、海から上がるとすぐにそこへ飛び込んで身体を温めました」

 出来あがったPVは1部がYouTubeで公開されているが、残念ながら海中での迫真の演技は今のところ見ることが出来ない。

■祖母のために歌う

 山城カミーラ美幸の本名はカミーラ美幸西村山城。山城は父方、西村は母方の姓である。ブラジルでは苗字はいくつ付けても良くて、5つも6つも付けている人もいるという。
 美空ひばりが好きだった鹿児島生まれの祖母の影響もあって演歌歌手を目指すようになった。ブラジルでは、歌好きの日系人グループの中にいたエドアルドやエンジュは、現地のカラオケ大会でよく顔を合す親しい仲だった。
 「エンジュは身長も高くてブラジル人の体形ですが、私は160センチで日本人の体形かな」
 3人の中で山城が最も早く、高校卒業後の17歳で日本へやって来た。来日してからは、知人の紹介で作曲家佐田みさきの下で歌唱指導を受けてきた。

山城カミーラ美幸5.jpg山城カミーラ美幸3.jpg
初めての大阪キャンペーンで楽しく歌えたと笑顔を見せる山城カミーラ美幸

 「2年前に95歳で亡くなった祖母は、80歳頃からは認知症を患い、私のことも解らなくなっていました。それでも歌手になるために日本へ行っていることだけは覚えていました。歌手になった姿を見せて喜ばせたかった」(山城)

 「海峡千里」の歌詞には、AMORE SAUDADE(アモーレ サウダージ)とポルトガル語が入っている。恋しい愛しいという意味である。「去年のブラジルオリンピックに合わせて、ブームに乗って出したかったのですが、間に合いませんでした」

■オブリガード大阪

 大阪初のキャンペーンで山城は紅色の振袖を着て現れた。レースの洋服地で母親がミシン縫いした和服だという。海に入る時に着た着物も、母親のお手製である。自らはハクビ京都きもの学院の講師も務めるほどで「着物への愛着度は高い」(山城)だけに、PV撮影時に着物での海中入りには当初抵抗もあったようだ。

 キャンペーンでは「海峡千里」とカップリングの「房総半島」のほかデビュー曲「京都浪漫坂」、前作の「海猫節」のオリジナル曲を歌ったほか、「岸壁の母」をポルトガル訛りのセリフ入りで聴かせた。

 山城は「初めての地でのキャンペーンでしたが居心地も良く楽しめました。CDもたくさん売れましたし、また大阪へ来ます」と話していた。





[山城カミーラ美幸 オフィシャルサイト]
https://www.facebook.com/kamila.yamashiro
[山城カミーラ美幸 ウェブクウ]
http://www.webkoo.co.jp/j-songs/ya/yamashiro-kamiramiyuki/




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽