So-net無料ブログ作成

井上由美子(キングレコード)  大阪でも親子の絆バスツアー  生まれ育った大阪・藤井寺などでバス旅   「母情歌」発売記念してファンを招待 [イベント]

◆私が生まれ育った街を巡るバス旅を一緒に楽しんでみませんか-。
キングレコードの歌手、井上由美子が2017年6月12日、自らの<ルーツ>を再確認するバスツアーでファンたちと半日を過ごした。15歳で上京するまで母親と住んでいた大阪府藤井寺市内のマンションや通っていた中学校を車窓から案内したほか、子どもの頃に初詣に出かけていた同市内の道明寺天満宮では、夢だった歌手になったことを報告する願い事成就の絵馬を奉納した。

井上由美子・バスツアー3.jpg
早速、バスの中で「母情歌」を歌う井上由美子
井上由美子・バスツアー2.jpg
藤井寺・道明寺天満宮で記念撮影

 今年3月22日に出した新曲「母情歌」の発売を記念して行われたイベント企画で、東京では6月5日に都内の皇居・二重橋などの観光スポットを訪ねている。
 この日、大阪バスツアーに参加したのは、新曲CD「母情歌」を購入して事前に応募のあった154人の中から抽選で18組36人が招待された。中には「由美子ちゃんの生まれ育った土地を是非とも見ておきたかった」という栃木県からやって来た親子もいた。

 大阪市内のJR新大阪駅前から観光バスに乗った一行は大阪市内を南下して、大阪城の天守閣と堀を間近に見ながら、さらに南へと進んだ。日本一高いノッポビルのあべハルカスが見えはじめると、今度は時代を感じさせる通天閣が目に飛び込んできた。バスの車窓からだけの観光だったが、新旧の大阪のシンボルを眺めた。

井上由美子・バスツアー9.jpg

 ちなみに大阪以外からの参加者は6組で、大阪を離れて25年という井上が逆に案内されるといった一コマも見られるなど、彼女らしい珍ツアーの始まりだった。

 井上は15歳で上京した25年前までは、藤井寺市に母親と暮らしていた。そこは大阪市の南東に位置する南河内と呼ばれる地域にある。
 バスが同市内に入ると懐かしい街並みに「あそこの中学校に通っていた」と声を張り上げ、そこのすぐ近くにあるかつて住んでいたマンションが見えると「忘れ物をするとマンションから学校のグラウンドへ投げてもらえるほどの近さでした」と笑わせていた。

井上由美子・バスツアー.jpg
道明寺天満宮で宮司の説明を聞く
井上由美子・バスツアー7.jpg
長身の宮司とツーショットに収まる、身長146cmの井上由美子

 井上はかつて母親と除夜の鐘を聴きながら、毎年、初詣に来ていたという道明寺天満宮では、バスを降りて全員で記念撮影。出迎えてくれた宮司からは、ここが菅原氏の祖先である出雲から迎えた野見宿禰の所領地であったこと、そこに神社が出来てたことなど、同天満宮の起源に真剣に耳を傾けていた。
 初詣ではいつも「歌手になれますように」と願い事をしていた井上はだが、それが叶って初めての参詣だけに、成就して帰ってきたことを報告する絵馬を書いて奉納していた。

井上由美子・バスツアー4.jpg井上由美子・バスツアー5.jpg

 バス旅の車中では井上が「母情歌」とカップリングの「母一輪」を歌ったり、参加した人たちがカラオケで得意曲を披露していた。藤井寺とは隣りの羽曳野市から参加した女性たちは「地元から出た歌手だけに、いつも応援しています。良く頑張ってここまでになったと思います」と、話していた。

 井上は「歌手を夢見て母親と暮らしていた街に帰ってきて、早く大きなヒットを出すことでファンの皆さんに今度は豪華なバスツアーを楽しんでもらえるようにしたい、といった想いがさらに強くなりました」と、新曲「母情歌」のヒットへの意欲を語っていた。

井上由美子・バスツアー8.jpg
声が良く出ますように、と牛のノドを摩る井上由美子
井上由美子・バスツアー010.jpg
道の駅であじさいと井上由美子


[井上由美子 オフィシャルサイト]
http://arder-jiro.co.jp/yumiko/
[井上由美子 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=13792






nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽