So-net無料ブログ作成
検索選択

安倍里葎子、テイチクへ  7月に移籍第1弾をリリース  神戸・三宮で定期ライブ [ライブ]

安倍里葎子がテイチクエンタテインメントへ移籍し、移籍第1弾の新曲を7月19日にリリースする。2017年4月19日、神戸・三宮のライブハウス・チキンジョージで行われた定期ライブ「安倍里葎子 meets ダメダメタ倶楽部バンド」で明かした。

安倍里葎子8.jpg
安倍里葎子4.jpg

 新曲のタイトルは未定。たかたかし作詞、幸耕平作曲の楽曲で、カップリングには2曲を収録する。その1曲は17人目の相手とのデュエット曲になる。安倍は「レコーディングばこれからで、カップリングでは17番目の男性と歌います」と話していた。

 安倍は1970年にキングレコードから出した「愛のきずな」が大ヒットして、その年の日本レコード大賞新人賞を受賞している。その後は13年という長い低迷期を経験するが、橋幸夫とのデュエット「今夜は離さない」で蘇った。今年8月でデビュー47年目を迎える。
 橋幸夫とのほかにも松形弘樹など、相手の男性歌手を替えてデュエット曲を歌い続けて、その数は計16曲にもなり「デュエットの女王」とも呼ばれた。今回、作曲を担当した幸とも1991年に「今夜は最高」でデュエットしている。

安倍里葎子5.jpg安倍里葎子2.jpg

 神戸でのライブは、1年に2回、ライブハウス・チキンジョージで行っている。10回目になる今回は「愛のきずな」「愛されても愛されても愛されたりない」「運命の女」などオリジナル曲と「人生いろいろ」など島倉千代子のカバーメドレー、「故郷」「人恋酒」を含む童謡・演歌まで全18曲を歌った。

安倍里葎子3.jpg
安倍里葎子7.jpg

 ライブでいつもバックバンドを務めるのは、関西を中心に活動しているダメダメ倶楽部バンド。メンバーのボビー江頭は「ラブミートゥナイト」などトムジョーンズの楽曲3曲を歌唱。
 また大阪出身のだいすけと宮古島出身のケンサクによるボーカルユニット・nadaも「泪」などを披露したほか、安倍と「涙そうそう」も歌った。

安倍里葎子6.jpg

 安倍はライブでは、スカウトされて高校卒業後に一緒に上京した母親について触れて「3月で88歳になりました。最近は足が弱って車椅子のお世話になることもありますが、こうして東京を離れる時はショートステーをしています」とも。また歌は「一生歌い続けて行きます」と意欲を示した。
 次回、チキンジョージでのライブは10月20日に予定している。





nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽