So-net無料ブログ作成

チョン・テフ(徳間ジャパンコミュニケーションズ)  心に残り、心に響く歌を歌い続けたい 堺のホテル・アゴーラ リージェンシー堺でディナーショー [ディナーショー]

チョン・テフが2016年を締めくくるディナーショーを12月24日、大阪府堺市のホテル・アゴーラ リージェンシー堺で開いた。デビュー曲の「サソリの涙」から最新曲の「愛の銀河」まで、オリジナル曲とカバー曲を合わせて全16曲を歌い、最後に集まった人たちに向けて「心に残り、心に響く歌を歌い続けて行きます」と語りかけていた。

チョン・テフ6.jpgチョン・テフ9.jpg


















 オープニングは「サソリの涙」。2013年の日本におけるメジャーデビュー曲である。続いて前作のカップリング曲「ゆずれない愛」を歌たところで、4人の男性バックダンサーが入って「そんなヒロシが好きでした」「夜の踊り子」とカップリング曲を続けた。

チョン・テフ3.jpg
チョン・テフ5.jpg
チョン・テフ2.jpg

 メジャーデビューは3年前だった。その間に4枚のシングルを出し、今年10月26日には初のアルバムを出している。順調とも思えるそれに「ファンの皆さんの応援の力があったからです」と、テフは頭を下げる。そんな姿がファンを1人ふたりと増やしてきた。テーブルからは、次々と声援がかけられる。LEDの装飾ライトも揺れていた。

チョン・テフ7.jpg

 ディナーショーだけあって、衣装替えもいつもよりも多い。韓国の民族衣装をデザインしたものに着替えて現れると「釜山港へ帰れ」「カスマプゲ」など、懐かしい母国の歌を聴かせた。
 今度は黒のスーツに着替えてクリスマスソングでイブの雰囲気を高めた。オリジナル曲からは「別れのエアポート」「東京メランコリー」で、さらにムードを盛り上げる。

 10月には北海道で仕事をしている。ここで例年より早い初雪と大雪に驚き、翌月には東京でも初雪を体験している。
 このように毎日、全国各地を飛び回る彼は、今、47都道府県を完全踏破を目指している。2月にはそれも達成出来そうだといい、1月には沖縄県へも行く。
 そして彼の誕生日である1月13日には、大阪・桜川のライブレストラン、フラミンゴ・ジ・アル―シャでバースディーパーティー・ライブを開くことになっている。

チョン・テフ012.jpg

 テフは、この日のディナーショーで「今年は幸せな1年でした」と、今年を締めくくる報告をすると、ショーもいよいよクライマックスである。ラストソング「愛の銀河」のタイトルを告げると、客席からは<朝までやって~>とアンコールの声がかかった。
 それに応えるかのようにファーストアルバムだけに収録され、彼が作曲したオリジナル曲「めぐり逢えたら」と、メジャー第2弾の作品「ガラスの蟻地獄」を歌って2016年の幕を閉じた。


[チョン・テフ オフィシャルサイト]
http://jungtaehu.com/
[チョン・テフ 徳間ジャパンコミュニケーションズ]
http://www.tkma.co.jp/enka_top/jung-taehu.html





nice!(3)  コメント(0)