So-net無料ブログ作成
検索選択

湯原昌幸、純烈がゲスト出演 テレビ・ラジオ番組「演歌ジャックス」で収録 [テレビ]

◆懐かしの演歌・歌謡曲から最新曲までを届けるメディアジャックス(大阪市、正木正子社長)制作のテレビ・ラジオ番組「演歌ジャックス」の2月放送分の収録が、このほど大阪市内で行われた。出演したのはゲストの湯原昌幸と6人の歌謡グループ・純烈のほか生駒尚子、小川リエ、林よしこ、南吾郎、池田かよこら在阪歌手のレギュラー陣。湯原は新曲で初の演歌に挑戦している。

湯原昌幸.jpg
湯原昌幸

 湯原昌幸が昨年11月に出した「再会酒(さいかいざけ)」は第48回日本作詞大賞・新人賞最優秀作品賞を受賞した作品。ソフトな感覚の演歌で、湯原ミュージックの世界を存分に楽しめるメロディーがファンを魅了している。
 彼は「レコーディングは1回でOKが出ましたが、自分から録り直しをお願いしてGOサインを出しました」と話すほどに、この楽曲に惚れ込んでいるようす。

 詞は演歌そのものだが湯原はグループサウンズ時代のように「洋楽のにおいを漂わせながら歌っています」といい、それが親しみやすいメロディーと重なり合って、聴く人の心に心地よく入り込んでいるようだ。

 収録の現場には一般のファンの姿も見られたが、湯原は「あまり深く技巧を考えないで、リズムに乗って気持ち良く、語るように歌うのがいいです」とアドバイス。
湯原はまた大ヒット曲の「雨のバラード」も歌ったほか、2月に発売するアルバムのアピールもしていた。

純烈.jpg
純烈

 純烈の6人は3回目の出演。新曲の「今夜はドラマチック」を披露した。メンバーの平均年齢は35歳で、多くがテレビの戦隊モノに出演していたというスポーツマン。それぞれが「バツイチです」「子どもが4人います」「前回出演した時はオカマでした」などと、開けっ広げに自己紹介して笑わせていた。

生駒尚子.jpg
生駒尚子

 生駒尚子「浪花の女房」、小川リエ「浪花の一番星」、林よしこ「春を抱いて眠りたい」、南吾郎「浪花の演歌師」、池田かよこ「愛は・・・わがまま」などを歌った。

小川リエ.jpg
ハリセン演歌の小川リエ(右)と司会の小池史子



[メディアジャックス]
http://www.enkajacks.com/





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

道頓堀SUPER歌謡劇場 観客の心に届く歌を届ける  叶麗子、水沢明美、沢井明などに純烈が飛び入り参加 [ライブ]

道頓堀SUPER歌謡劇場.jpg


◆「歌の多くは歌が好きな観客の心の中で成熟している。その心に届くように真剣に歌います」
道頓堀SUPER歌謡劇場をプロデュースする作曲・作詞家の中村泰士は、演歌・歌謡曲ファンに好評な道頓堀SUPER歌謡劇場のコンセプトをこのように話す。一昨年から始まった同歌謡劇場は今までに数多くの歌手が出演してきたが、いずれも「歌うを真っすぐに歌っている」と中村がいう歌手ばかり。2016年1月12日に行われた今年はじめての同劇場でも、そうした歌手たちが最新のオリジナル曲や懐かしい昭和歌謡を披露してくれた。

叶麗子2.jpg叶麗子.jpg

















叶麗子

 毎回オープニングは叶麗子「くしたんのテーマ 〜 串揚げと通天閣と私」を出演者全員で歌う。
 今回はを中心に水沢明美、沢井明、林よしこ、塩乃華織、純烈、デボラ延寿が顔を揃えた。叶が「たくさんの人たちに素晴らしい歌を届けたい」と、今年自らの半生を歌う「麗子一代」を披露したほか、それぞれが今年の夢を発表。日系ブラジル人3世のデボラは「今春デビューする予定ですが、いい歌手になるのが夢です」と話した。

沢井明.jpg
沢井明
水沢明美2.jpg
水沢明美

 SUPER歌謡劇場では昭和歌謡がたくさん飛び交う。
 沢井明が「無錫旅情」(尾形大作)を歌うと、林よしこは「叱らないで」(青山ミチ)を水沢明美は「花笠道中」(美空ひばり)塩乃華織は「襟裳岬」、デボラ延寿は「津軽海峡冬景色」(石川さゆり)などを披露した。

林よしこ.jpg
林よしこ

 もちろんオリジナル曲も。
 水沢「さんさ恋しや」沢井「通りすがりの大阪で」を、「ほっこり酒場」塩乃「イエスタディにつつまれて」

塩乃華織.jpg
塩乃華織

 ラストはだ。
 中村が作詞・作曲したデビュー25周年記念曲ともなる「麗子一代」を披露。「さだめ」ではステージに座り込み両手を合わせて天を仰ぐパフォーマンスも。

デボラ延寿.jpg
デボラ延寿

 この日は歌謡グループの純烈が思わぬ飛び入り。新曲の「今夜はドラマチック」をダンスを交えて歌うと、集まった満員の観客は大喜び。
 フィナーレは恒例の「大阪ヒューマンランド! やんか」を出演者全員で歌って、歌謡曲で元気な大阪をとアピールした。




nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

生駒尚子(ホリデージャパン) 新曲「浪花の女房」の発表会 地元・東大阪で開催 若原りょう(同)らが応援歌唱 [イベント]

生駒尚子5.jpg◆生駒尚子が昨年12月に出した新曲「浪花の女房」の発表会を、2015年1月17日、大阪府東大阪市のカラオケラウンジ・多恋人ジョークで開き、生駒は「歌いやすい歌になっています。愛唱歌にしてもらえるとうれしいです」と話した。同じレコード会社の若原りょう、幸田和也も応援に駆け付けた。同席したホリデージャパンの亜樹広俊社長は「ヒットはファンの皆さんの支援にかかっています」と応援を呼びかけていた。



生駒尚子・浪花の女房 小.jpg








 「浪花の女房」は、作詞・作曲が原田ヒロシ、編曲が西村幸輔の作品で、甲斐性なしの亭主とと一緒に小さな居酒屋を切り盛りする女房を歌う、前作の「追っかけ女房」に次ぐ女房シリーズ第2弾。生駒にとっては6枚目のシングル。

 発表会で生駒は新曲「浪花の女房」とカップリングで元気印の彼女自身を歌った「花の尚子の夢舞台」を披露。次いで「追っかけ女房」のほか、ホリデージャパン移籍第1弾の「女一代演歌師」「河内まつり節」、そして前作のカップリング「浮くも沈むも人生や」も歌った。

生駒尚子1.jpg生駒尚子3.jpg


















 生駒の父親で河内音頭・生駒会を主宰する歌い手の生駒一に教えてもらって、子どもの頃から歌っている「河内音頭」を聴かせると、音頭の本場だけあって客席のファンの中には立ち上がって踊り出す人たちの輪も出来ていた。

 ファンからのリクエストコーナーでは「壺阪情話」に初挑戦してみせた。

 この日はホリデージャパンから亜樹社長、所属歌手の若原りょう、幸田和也も顔を見せた。若原は1年半ぶりの新曲で小田純平作曲の「振り子」を歌うとともに「尚ちゃん(生駒)とは会社の青年部員として歌い手仲間を盛り上げてもらっている」などと紹介し、新曲発売を祝った。

亜樹社長.jpg若原りょう.jpg

















あいさつする亜樹社長(左)と「振り子」を歌う若原りょう

 亜樹社長はまた「彼女は年々成長している。あとはヒットを出すだけです。それもあと少しのこと。応援をお願いします」と話すと、生駒は「最高の発表会でした。一生懸命頑張っていきます」と応えていた。

生駒尚子2.jpg生駒一.jpg

















生駒尚子と生駒一(右)

 生駒尚子は1993(平成5)年6月に「河内太鼓」(日本コロムビア)でCDデビュー。2011年からホリデージャパンに移籍している。数少ない河内音頭の女流音頭取りとともに、演歌歌手として活躍している。







nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

大沢桃子(徳間ジャパンコミュニケーションズ)  KOBE流行歌ライブで司会の牛尾淳とデュエットを披露 [ライブ]

◆5年前の東北大震災で被災したふるさとに歌で元気を送り続けている歌手、大沢桃子が、2015年1月21日、神戸市内で開かれたKOBE流行歌ライブで、昨年、同じレコード会社所属の黒川真一朗と出したデュエット曲「心に花を咲かせましょう」を、同ライブの司会者・牛尾淳とデュエットして、会場からは大きな拍手が送られていた。

大沢桃子・牛尾淳.jpg
大沢桃子とデュエットする牛尾淳(右)

 歌好きの牛尾は今までにもステージでデュエットをしてKOBE流行歌ライブの名物にもなっている。今回は今年4月でデビュー13年目を迎える大沢を相手に選んだ。
 「心に花を咲かそう」は徳間ジャパンが創立50周年を記念して出したデュエットシリーズのひとつ。大沢は「レコーディング以来、初めて歌います。その相手が牛尾とは予想もしていませんでした」と苦笑いしていた。

 牛尾は歌唱前に「美声を作る」という<秘薬>を一錠飲んで自信満々で臨んだだけあって、いい声を会場に響かせて、相手役の大沢も満足気だった。

会場と一緒に「いきいき健康体操」も

 大沢は昨年11月に出した新曲「ふるさとの春」も披露した。大衆歌謡曲のメロディーを取り入れて、仲村つばきのペンネームで自ら作曲した軽快なふるさと応援歌。有線放送のリクエストランキング1位を獲得したほどで、わずか3分足らずのアップテンポな楽曲がの人気につながっているようだ。

大沢桃子2.jpg大沢桃子.jpg


















 この新曲のCDには自ら考案した「いきいき健康体操」の指導も同梱されている。ライブ会場でも観客と一緒に手を伸ばして体操をする一幕もあった。

 大沢はこの作品から、ペンネームを今までのなかむら椿から変更しており「これからは自分が歌うだけでなく、ほかの歌い手さんにも提供していきたいです」と話していた。

 最近傷めたという足をかばってのステージでは、会場のファンからも「どうしたの」と声がかかるほどで、いつもは飛び跳ねて歌う独特の振付もなく、しっとりバージョンの歌唱が痛々しかった。


[大沢桃子 オフィシャルサイト]
http://bspro.jp/momoko/index.html





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ミカリン=青木美香子、新世界に歌う  リニューアルなった新世界朝日劇場でこけら落としのライブ オリジナル曲など19曲 [ライブ]

青木美香子2.jpg青木美香子5.jpg


















◆ミカリンの愛称で親しまれている歌手、青木美香子が、2016年1月11日、道頓堀とともに今、大阪・ミナミで最も賑わう街のひとつ、通天閣で知られた大阪・新世界の新世界朝日劇場で、得意の歌謡曲を中心としたライブ「青木美香子ライブ・イン・アサヒ2016」を開いた。自身のライブでは初のコントもまじえたり、ちんどん屋を芸能の域まで高めたちんどん通信社とのコラボなど、集まった劇場いっぱいのファンを楽しませた。

青木美香子9.jpg

 串かつブームに乗って若者やアジアからの観光客で連日、たくさんの人であふれ返る新世界。街は昔のイメージを一新してカラフルに生まれ変わっている。そんな中で昭和の佇まいを残すのが、最近まで大衆演劇の専門劇場として興行してきた新世界朝日劇場である。今年から歌謡ショーなど幅広い出し物を加えて総合劇場としてリニューアルしたばかり。そこでソロライブとしてはトップを切って開かれたのが青木のライブ。

青木美香子3.jpg
青木美香子1.jpg

 200人余りの観客で埋まった満員の新世界朝日劇場は、リニューアルされたばかりながらも館内は昭和30年代の面影を残している。そんな中で青木は「蘇州夜曲」「東京の花売り娘」や、靴磨きの少年に扮して歌う「ガード下の靴磨き」といった具合に、戦後の昭和を甦らす楽曲を盛り込んだ。
 コラボしたちんどん通信社は鉦・太鼓、クラリネット、バンジョーの楽器を奏でる3人組。昭和の下町にはごく普通にいた<宣伝マン>であるが「音楽の原点でもある」(青木)ことから、しばしば共演をしている。この日もちんどん通信社が「A列車で行こう」を演奏したり、青木は彼らの演奏で「逢いたくて逢いたくて」などを歌った。

青木美香子8.jpg青木美香子012.jpg


















 青木は時代を超えた歌謡曲・演歌を得意とし、オリジナルではさわやかな歌声で聴く者の心を響かせて、ファンの間では<ミカリン>の愛称で親しまれている。
 歌手デビューする前は幼稚園教師をしていた。歌手を夢見ていたその頃、よく歌っていたのが太田裕美の「木綿のハンカチーフ」。それをキーボードの弾き語りで聴かせた。石川さゆりがSAYURIの名前で歌った「ウイスキーがお好きでしょ」も歌った。

青木美香子011.jpg

 2部ではゲストの漫才コンビ・あらじおとのコントにも挑戦して多才ぶりを発揮。珍しい芸者姿も披露してファンを喜ばせていた。また江利チエミの「テネシーワルツ」をカバーするなど、集まった人たちはうっとりと聴き入っていた。
 青木は今年、オリジナル曲を8 曲を収録したミニアルバム「Song Collection 2015」を出している。その中から「二人の誓い」「ガールズブギ」「大阪ワルツ」といった楽曲も披露した。


[青木美香子 オフィシャルサイト]
http://aokimikako.com/



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

菊地まどか(テイチクエンタテインメント)  6年ぶり2度目の宝恵駕行列  前回は年末にレコード大賞新人賞、今年はどんな幸運が・・・ [イベント]

◆新春の大阪・日本橋を賑やかにそして華やかに彩ってくれるのが今宮戎神社宝恵駕行列である。毎年、芸能人やスポーツ選手など話題の人物が籠に乗って、道頓堀から今宮戎神社まで行列が続く。地元商店会の加わるなど正月らしさを盛り上げてくれる恒例の行事である。

菊地まどか2.jpg
エエコトありますようにと宝恵駕に乗る菊地まどか

 これに毎年参加して華を添えているのはレコードメーカーのテイチクエンタテインメントの演歌歌手たち。神社ではヒット祈願もする。出発前には最新曲を披露してくれるので、それを目当てにたくさんのファンなどが集まってくる。

 2016年1月9日、これに選ばれたのは6年ぶり2度目という幸運な、地元大阪市出身の菊地まどか。今年デビュー7年目で、浪曲師でありながら演歌歌手である。
 この日は日本橋西1丁目のアニメショップ・アニメイト大阪日本橋店前で、前年9月に出した新曲「浮草ふたり」を披露したあと、籠に乗りこんだ。

菊地まどか.jpg
「浮草ふたり」などを歌う菊地まどか

 正月早々、大阪・天満天神繁昌亭で浪曲を演じて幸先の良いスタートを切ったという菊地、今年も戎さんにあやかって福をつかみたいと笑顔で籠に乗り込んでいた。
 前回、宝恵駕に乗ったのはデビューした年の2010年。その年の12月には第52回日本レコード大賞新人賞を受賞しており、彼女にとってはまさに幸運な籠。

 それだけに菊地は「今年もエエコトがありますように」と祈って、さらに「6年前はきれいな籠に乗せてもらって頭の中が真っ白になっていましたが、今回はえべっさんを楽しんでみたい」と、7年目の余裕を見せて沿道の人たちに手を振っていた。


[菊地まどか オフィシャルサイト]
http://kikuchi-madoka.jp/
[菊地まどか テイチクエンタテインメント]
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/kikuchi-madoka/







nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

叶麗子の「道頓堀SUPER歌謡劇場」がお出かけ公演  全国への第一歩 BORO、大西ユカリ、浅田あつこ、おおい大輔が盛り上げる [ライブ]

道頓堀SUPER歌謡劇場おでかけ編.jpg


通天閣の歌姫叶麗子が座長を務め、日本レコード大賞を2度受賞している作曲・作詞家中村泰士がプロデュースする「道頓堀SUPER歌謡劇場」のおでかけバージョンが、2016年1月7日、在阪歌手5人が出演して、大阪・難波千日前のイエスシアターで行われた。

叶麗子.jpg中村泰士.jpg

















叶麗子(左)と中村泰士

 スタートから1年がたった「昭和歌謡 道頓堀SUPER歌謡劇場」。昭和歌謡を歌い継ぐとともに、大阪を歌謡曲の聖地にしようと始まったが、今では地元大阪だけではなく、東京でも新しい歌謡ライブとして話題にのぼっているほど。

 この人気のライブをよりたくさんの人たちに見て、聴いてもらおうと大阪観光のコースに組み入れられ、毎回、観光客が歌謡曲・演歌を楽しむ姿が見られるようになってきた。
さらに今年からは毎月開催されている大阪・道頓堀のライブハウス・ZAZAを飛び出して、歌謡曲・演歌好きの人たちの近くまで出かけていこうという「おでかけバージョン」が始まった。

 その1回目が1月7日、吉本興業のNGKの地下にある劇場・イエスシアターで開かれた。出演したのは座長の叶麗子、「大阪で生まれた女」で知られたシンガーソングライターのBORO、歌謡曲にこだわって独自の音楽世界を創り出している大西ユカリ、そして浅田あつこ、おおい大輔といった在阪歌手ばかり5人。

浅田あつこ2.jpgおおい大輔.jpg

















浅田あつこ(左)とおおい大輔

 300人を収容する会場は満員。
 オープニングは出演者が全員揃って桜田淳子の「わたしの青い鳥」を歌った。中村は「皆さんの心の中には成熟した歌謡曲があります。だから道頓堀SUPER歌謡劇場の出演者は歌を忠実に届けます」とあいさつ。
 これに続いて叶麗子は「大阪すずめ」(永井みゆき)浅田あつこが「たそがれの御堂筋」など、出演者1人ひとりがカバー曲を歌って幕を開けた。

叶麗子2.jpg
叶麗子得意のパフォーマンス

 叶は「今、新曲『麗子一代』を中村(泰士)先生に作ってもらっており、レッスンをしています」と新曲のリリースを告知して代表曲の「夫婦道」と「さだめ」を披露。
 SUPER歌謡劇場ではプロデューサーの中村が自ら手がけた楽曲を歌うのも名物となっている。この日も大西ユカリと「喝采」(ちあきなおみ)をデュエットしたり、細川たかしが歌った「北酒場」を聴かせた。

 2部では出演者それぞれがオリジナル曲を歌った。叶麗子は「くしたんのテーマ 〜 串揚げと通天閣と私」おおい大輔は「男の愚痴と幸せ探し」浅田あつこは「秋恋」などを歌った。

BORO.jpg大西ユカリ.jpg

















BORO(左)と大西ユカリ

 シンガーソングライターのBOROは自ら歌を作って歌っているが、今回、新たに中村が書いたばかりの「ウーマン」を、譜面台に置いたiPadに映し出された歌詞を見ながら初披露。
 彼はまた昨年9月に大阪で生まれた名曲を歌ったトリビュートアルバム「大阪で生まれた歌」を出している。その中からオリジナルの新曲「どっちやねん」と、河島英五が生前39歳のときに一緒に歌った「酒と泪と男と女」も、河島のハーモニカとともに披露。

BORO・大西ユカリ.jpg大西ユカリ・中村泰士.jpg

















BOROと大西ユカリのデュエット(左)と中村泰士と大西ユカリのデュエット

 ラストは橋幸夫の「いつでも夢を」と「大阪ヒューマンランドやんか〜」を全員で歌って1回目の道頓堀SUPER歌謡劇場のおでかけ編を終わった。同歌謡劇場をプロデュースしている中村泰士は「毎月1回、道頓堀で開いているSUPER歌謡劇場はこれから全国へ出かけて行き、楽しんでもらえるように届けます。今日はそれの初日でした」と、話していた。




nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

井上実香(キングレコード)  「歌謡フェスタinイトーヨーカドー東大阪店」で新曲「とまり木情話」など披露 [イベント]

◆CDショップミヤコ瓢箪山店が毎月開催している「歌謡フェスタinイトーヨーカドー東大阪店」にキングレコードの井上実香が、2015年12月にゲスト出演して、好評な新曲「とまり木情話」を披露した。この日はファンにまじって、初めて彼女の歌を聴くといった人たちもいたが、それぞれが彼女が歌う歌の世界に引き込まれていた。

井上実香2.jpg






井上実香 とまり木情話.jpg










 大阪在住の松山ひろし(日本クラウン)をメインに毎月1回、イトーヨーカドー東大阪店で定期開催されている歌謡フェスタに初出演した井上は、昨年8月に4枚目のシングル「とまり木情話」を出して、関西各地で意欲的にキャンペーンを展開している。

 「とまり木情話」は井上が3年半ぶりに出した新曲。北島三郎の「北の漁場」など数多くのヒット曲を手掛けている新條カオルが作詞し、川端マモルが作曲した作品。小料理屋のオシャレな女将の心情を歌っており、昨年後半の有線放送の週間リクエストではベストテン内をキープするなど好評を得ている。


井上実香.jpg 会場に集まったファンたちを前に井上は「2005年に『大阪恋みれん』をキングレコードから出して最近までランキングなど意識したことはありませんでしたが、このように新曲がリクエストランキングの上位に並ぶとうれしいものです。歌手冥利につきます」と笑顔を見せていた。

 井上が歌手の世界に入るきっかけを作ったのは、父親で吉本新喜劇の俳優の井上竜夫とデュエットした「ナイト大阪」を歌ったこと。その後「大阪恋みれん」でソロでデビューして本格的な歌手としてスタートすることになった。








 この日はまずその記念すべき「大阪恋みれん」を歌い、次いで発売日が秋元順子のヒット曲「愛のままで」と同じだったという「逃げる月」、衣装を初めて着物にして臨んだこともあって着物ファンの応援が増えたという「夢の風ぐるま」も歌った。

歌謡フェスタ.jpg
「歌謡フェスタinイトーヨーカドー東大阪店」の出演者と

 歌謡フェスタでは井上のほかにも昨年12月に「酒場のかもめ」を出した水木良(日本クラウン)も出演して新曲を披露したほか、南吾郎(メロディーレコーズ)は最新曲「浪花の演歌師」などを歌った。
 井上は2016年1月26日、大阪市北区のライブハウス・ロイヤルホースで開かれる水木良新曲発表記念ライブにゲスト出演する。





[井上実香 オフィシャルサイト]
http://www.geocities.jp/mika_inoue_singer/






nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

藤原浩(キングレコード)  好調続ける新曲「越前つばき」  ゾクゾクするスケール感あるイントロ 17日は福井市内で新曲発表会  [インタビュー]

◆新曲ごとに新たな挑戦をみせている藤原浩が2015年11月に出した新曲「越前つばき」は、福井県を舞台に歌った初のご当地演歌であり、しっとりとした艶(つや)歌である。「イントロを聴いた段階でゾクゾクとした」と本人が話すように発売後の反響は上々で、オリコンの演歌チャートではベストテンをずっと維持し続けているほど。1月17日にはご当地の福井市内で初の新曲発表会を開くという。翌日には歌詞にも登場する芦原温泉でもキャンペーンを予定している。

藤原浩.jpg


 「女性の優しさやしっとり感を出して、より多くのカラオケ愛好家の人たちに歌ってもらいたい」
 藤原浩がこのように話す新曲「越前つばき」は、思わず歌いたくなるようなメロディーと歌詞が演歌ファンの心をくすぐる。
 藤原には今までなかった演歌であり、彼を支援するファンも多い福井県を舞台にしたご当地演歌でもある。作詞は3曲連続して仁井谷俊也、作曲は藤原の代表曲でもある「ふたりの始発駅」「あなたが終着駅」を手がけた徳久広司。

 「1年に2枚の新曲を出してもらっていますが、今作はスケールの大きなイントロを聴いた段階で身体がゾクゾクとして、ジーンとくるものがありました。しっとりとしたアレンジ、メロディーはもうカラオケ愛好家が飛び付きたくなるようです」と藤原。

 椿で連想する歌は小林幸子のヒット曲「雪椿」である。新曲制作の打合せでもそれが話題に上った。「『雪椿』とは違ったスケールの大きな作品にしたい」と出来あがった作品である。芦原温泉、三国、九頭竜といった福井県内の地名も織り交ぜて、旅情感もそそらせる。


藤原浩 越前つばき.jpg 「艶歌なんですが出来るだけストレートな歌い方をしており、暗さも感じさせない」
 演歌に付きものの暗さがないのもこの歌の特徴で、藤原の歌としては新鮮さを感じさせる。今までの藤原浩のイメージを打破させたい、と制作スタッフが取り組んできた前作までの3作品に続いて、またまた新たな挑戦でもある。

 その新鮮さなど新しい藤原の歌が評判を呼んで、発売後のオリコンの演歌チャートでは2位をスタートに4、4、5、6、8位と今なおベストテン内を維持している。彼にとっても初めての快挙で、確かな手応えを感じさせている。

 福井県内にはかねてから数多くの藤原浩ファンがいることでも知られている。好調なチャートランキングにも貢献している。そんなファンに向けて1月17日午後1時半からは福井市内の福井テレビホールで「藤原浩 新曲発表会」を開く。
 数多く福井に足を運んでいるものの、こうした新曲発表会を開くのは初めてで、ファンの期待も高まっている。

 藤原はこの歌を「大ヒット、代表曲に育てていきたい」と話している。





[藤原浩 オフィシャルサイト]
http://members2.jcom.home.ne.jp/hiroshi-fujiwara/
[藤原浩 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=17853








nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽