So-net無料ブログ作成

みやま健二(徳間ジャパンコミュニケーションズ)  62歳のバースディーパーティー  歌手仲間が歌で祝福  今夏には新曲リリース [イベント]

◆メジャー2枚目のシングルを今夏リリースすることが決まっている徳間ジャパンコミュニケーションズの歌手、みやま健二が2018年4月23日、62歳の誕生日を迎えたが、前日の4月22日、大阪府茨木市のカラオケ喫茶店・RAKUでバースディーパーティーを開いて、オリジナル曲6曲を歌った。集まったファンからはたくさんの誕生日プレゼントが贈られて満悦のみやまに、ファンクラブのメンバーや歌手仲間の光岡洋(日本クラウン)福島一(ホリデージャパン)三浦潤が歌のプレゼントをした。

みやま健二3.jpg
みやま健二の誕生日を祝うファンクラブの会員

 ファンクラブの会員20余人が集まった。2016年8月に「浜撫子」でメジャーデビューして、今年で歌手デビュー18年目のみやま健二は「普段はあまり歌っていないオリジナル曲も交えて、歌を聴いてもらいます」と、最新曲の「浜撫子」「俺のいい女」「納沙布ざんげ」「京都恋めぐり」「俺のみち」「泪橋」の6曲を歌った。

みやま健二5.jpg
62歳を迎えたみやま健二

 バースデーケーキのプレゼントなどたくさんの贈り物に囲まれたみやまに、会員はカラオケで、歌手仲間の光岡洋が「よかにせ節」福島一は「津軽恋ふぶき」三浦潤も「神戸・・・ひとり」と、自身のオリジナル曲を歌って誕生日を祝った。
 また、みやまファンクラブTシャツなどが当たるビンゴゲームなどで会場は盛り上がったが、最大の爆笑と拍手が送られたのは三浦潤とそのマネージャーによる、昭和の人気漫才師、人生幸朗・生恵幸子のぼやき漫才の物真似。

三浦潤・うちもといさお.jpg
人生幸朗・生恵幸子のぼやき漫才の物真似で沸かせた三浦潤とマネージャーのうちもといさおさん

 予定している新曲については、カップリングはすでにレコーディングを終えているが、メイン曲は4月25日に東京のスタジオで行う。
 その発売を受けて9月1日には、大阪・淀屋橋の朝日生命ホールで新曲発表会を開く。

 ファンクラブの竹岡勝会長は「新曲が出ると聞いて楽しみにしています。『浜撫子』以上にヒットするように、会員皆さんで頑張って応援していきましょう」と、激励した。

みやま健二1.jpg
あと10年、20年と歌い続けると話すみやま健二

 みやまは「あと10年は歌い続けたいと思います。10年後にはさらに10年と言っているでしょうが。迫っている新曲の発売にも全力を投球していきます」と、歌への意欲を見せていた。


[徳間ジャパンコミュニケーションズ]
http://www.tkma.co.jp/new_release_detail/id=7699







nice!(6) 
共通テーマ:音楽

nice! 6