So-net無料ブログ作成

演歌ジャックス、真木柚布子・桜井くみ子をゲストに10月放送分を収録 [テレビ]

◆奈良テレビ放送やJ:COM関西などで放送されている歌番組「演歌ジャックス」の10月放送分の収録が、2017年9月13日、大阪市内で行われた。ゲストはキングレコードの真木柚布子、日本クラウンの桜井くみ子。それぞれ「ホタルの恋」「哀愁流転」といった新曲を歌っていた。いずれも同番組初出演。

演歌ジャックス.jpg
演歌ジャックス2.jpg
ゲストトークコーナー(上=真木柚布子、下=桜井くみ子)

 真木柚布子は、去年夏に訪ねた鹿児島・知覧で出合った、特攻隊員と女学生の恋物語をモチーフに制作して、8月23日に発売した「ホタルの恋」を歌った。同曲はカップリング曲の「歌謡芝居 ホタルの恋」と、11月20、21日が初演で上演時間が1時間にも及ぶ演歌ミュージカル一人芝居「知覧のホタル」の劇中歌であることなども紹介した。

真木柚布子2.jpg真木柚布子.jpg
真木柚布子

関連記事=http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2017-09-13

 この日はBSテレビで久しぶりにクイズ番組に出演して2位になったことも報告していた。真木は新人時代にも出演したクイズ番組で、見事全問正解してトップ賞を獲っているほどで、まさにクイズの女王でもある。


 桜井くみ子は、デビュー10周年記念曲の今作「哀愁流転」で、初めてドレス姿で歌っている。「和服のほうが落ち着く」と話すが、子供の頃は田んぼで泥まみれになってオタマジャクシを取って遊んでいたとも。「哀愁流転」は、心のの底にある悩みを吐き出すように、ワルツのリズムで歌う。実際に上京してからデビューまでに費やした8年の間には、様々な悩みもあったという。そんな自分自身の想いも込めて歌う。

桜井くみ子.jpg桜井くみ子2.jpg
桜井くみ子

関連記事=http://music-news-jp.blog.so-net.ne.jp/2017-09-09

 またマンホールのふたの写真集めや、函館の五稜郭から那覇の首里城まで全国百名城を訪ねるといった趣味も紹介していた。

■MARI、来年1月にCDデビュー

 レギュラー陣からは林よしこ、山田壽一、MARI、TAIKI、小川リエ、新浩司、花咲理佳、青海涼が出演した。MARIは来年1月にも待望のCDデビューを果たす。12月17日に大阪・湊町のホテルモントレ グラスミア大阪で開かれる演歌ジャックスクリスマスディナーショー(2018年1月放送)で披露する。

林よしこ.jpg山田壽一.jpg
林よしこ「ときめいて」(左)山田壽一「風ごよみ」

MARI.jpgTAIKI.jpg
MARI カバー曲(左)TAIKI「グッバイ・マイ・ロード」

小川リエ.jpg新浩司.jpg
小川リエ「浪花の一番星」(左)新浩司「北慕情」

花咲理佳.jpg
青海涼.jpg
花咲理佳「青い薔薇」(上)青海涼「夢恋街」


[メディアジャックス オフィシャルサイト]
http://www.mediajacks.jp/






nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。