So-net無料ブログ作成
検索選択

ぶらりじゅんjiroの ひとり旅 第1回 神戸・三宮 シャンブルの巻 [YouTube]

◆酒と女性と歌をこよなく愛する歌手、じゅんjiroが今夜も神戸の街を彷徨う。
 オリジナル曲「この手で灯す街あかり / ほろほろ」(作詞 リー・シャウロン、作曲 増田空人、編曲 磯子一)は、2016年にリリースした自らの半生を歌った1曲である。

じゅんjiro シャンブル.jpg
じゅんjiro(左)とスナック・シャンブルのママ

 ある日、縁あって知り合った人と、夜遅くまで神戸・三宮の街を飲み歩き語った。自分が今までどのような人と出会い、どう生きてきたかを語った。
 それを聞いたリーによって一編の詞が綴られた。そこから生まれたのが「この手で灯す街あかり」だった。

 この世はまさに狭いムラ社会のようでもある。他人への非難、 中傷が飛び交い、他人の存在すら認めない傲慢さも跋扈する。そんな世間に反発するかのような歌になった。

 他人の目なんか気にはしないさ。大好きな歌を歌い続けて、好きな友と語りあえる、それだけで幸せである。
 じゅんjiroは、今夜も何処かのカウンターで歌い、女性と会話を楽しんでいるのだろう。






[じゅんjiro オフィシャルサイト]
https://ameblo.jp/jun--jiro/


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。