So-net無料ブログ作成
検索選択

木下結子(日本クラウン)  あべの月例ライブ「うさなろライブ」  8月終了1ヶ月前ライブ  9月からは千日前・カラオケ夢想歌で [ライブ]

◆日本クラウンの歌手、木下結子がギターリストで作曲家の井上善日居とふたりで9年3ヶ月続けてきたあべの月例ライブ「うさなろライブ」が、いよいよ2017年8月14日で終わるが、7月14日夜、大阪市阿倍野区のカフェバー・うさなろで、さよなら1ヶ月前ライブが開かれた。

木下結子2.jpg木下結子7.jpg

 うさなろライブは大阪・あべののカフェバーを会場に毎月、続けられてきた。毎回、木下結子がオリジナル曲を歌うほか、井上善日居のギター演奏に合わせてのリクエスト曲の歌唱、井上のギターソロ演奏といった構成で行われている。

 木下は日本コロムビアから「放されて」で1984年にデビュー。89年には「ノラ」を出して、その名を歌謡界に留めるまでになったが、2012年に「ウヰスキー」で日本クラウンに移籍するまでは、地元の大阪でインディーズで活動していた。ライブはその間に始めたイベントで、彼女の根強いファン作りにつながっている。

木下結子3.jpg
木下結子6.jpg

 さよならライブ1ヶ月前が開かれた14日は、会場のうさなろ店内は立ち見が出るほどの満員。各地のキャンペーンには顔を出しているが、月例ライブは初めてといった人たちも参加して、名残を惜しんでいた。

 キラキラと光るミニのワンピースで現れた木下は、まずはデビュー曲の「放されて」の2004年バージョンと、そのカップリング曲「今はこのままで」、さらには「ノラ」などを披露。
 リクエストコーナーでは、事前にリクエストがあった中から「桜の園」(一葉)「最後の雨」(中西保志)「生まれ変われるものならば」(西崎緑)「人生なんて...ね」(HANZO)を井上のギター演奏に合わせて歌った。

木下結子5.jpg
井上善日居.jpg

 その井上は「みだれ髪」(美空ひばり)の独奏を聴かせた。集まった人たちは情感たっぷりな演奏に聴き入っていた。

 木下と井上は共に昭和35(1960)年生まれ同い年。一緒に活動を始めて20年になるといい、この日もラストソングは井上の作曲による「ありがとうそしてこれからも」を、井上の伴奏で歌った。

木下結子1.jpg木下結子4.jpg

 うさなろライブは来月8月14日で幕を閉じ、9月20日からは会場を大阪・千日前の「カラオケ夢想歌」に移して、ライブ名も新しくして9月から定期開催する予定。入場料は3000円(1ドリンク付)。開演は午後7時半から。住所は中央区千日前1-8-20高橋ビル4階。電話:06-6211-5132/5123

 木下は「私と井上先生の干支がネズミですから、新しいライブ名は<チューチューライブ>といったもいいかも」と話していた。


[木下結子 オフィシャルサイト]
http://nora-yuiko.jugem.jp/
[木下結子 日本クラウン]
http://www.crownrecord.co.jp/artist/kinoshita/whats.html





nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。