So-net無料ブログ作成
検索選択

新世界あじさい歌謡祭 松本直彦(夢レコード) 演歌の街・新世界で祝儀の山 [ライブ]

◆三重県松坂市から観光バスでファン約50人を引き連れて、2年ぶりに大阪で歌ったという歌手、松本直彦。2017年6月17日、大阪・新世界のシアター朝日で開かれた「新世界あじさい歌謡祭」に出演した。ファンから渡される山のような祝儀袋を手に、最新曲「愛しくてせつなくて」などを歌って、たくさんの拍手が送られていた。

松本直彦.jpg
松本直彦

 松本直彦は東海3県を中心に歌手活動をしている。かつては通天閣歌謡劇場にも出演した経験はあり、馴染みの演歌ファンも少なくはない。シアター朝日の舞台には初めて立ったという。
 2006年に「お前ともう一度」でデビューしている。2010年の「ほろよい酒場」に次いで、2015年に「愛しくてせつなくて」を出している。
 この日は3曲を歌ったが、初の舞台にファンも大きな声援を送って、さながらワンマンライブのようだった。

曽野恵子.jpg
曽野恵子
五十嵐潤.jpg
五十嵐潤

 新世界で定期ライブを続けているベテランの曽野恵子五十嵐潤。白血病と闘う曽野が「釜ヶ崎人情」を歌い「この歌は死ぬまで歌っていきます」と観客に語りかけると、五十嵐は自身のオリジナル曲「いのちある限り」などを歌って客席を回った。

林よしこ2.jpg
林よしこ

 新世界あじさい歌謡祭のトリは林よしこ。最新曲の「淀川みれん」と島津ゆたかとのデュエットしてヒットしたデビュー曲「いい男!いい女!」(1994年)などを歌って盛り上げた。

島あや子.jpg
島あや子
あんみつ.jpg
あんみつ

 また、かつての通天閣歌謡劇場のメンバーでもある島あやこ、昭和の懐メロを歌うあんみつ、洋楽などをカバーしたMARIたちも熱唱した。

MARI2.jpg
MARI










nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。