So-net無料ブログ作成
検索選択

天童よしみ(テイチクエンタテインメント)  45周年記念コンサート「歌人生45年の軌跡」  歌と涙の3時間  満員の梅田芸術劇場大ホール [コンサート]

天童よしみ1.jpg
オープニングは「珍島物語」


◆テイチクエンタテインメントの歌手、天童よしみが2017年4月26日、大阪・茶屋町の梅田芸術劇場大ホールで歌手人生45周年を記念したコンサート「天童よしみ歌人生45年の軌跡」を開いた。デビュー前の「大ちゃん数え歌」からデビュー曲「風が吹く」、そして最新曲の「夕月おけさ」まで全21曲を歌い上げた。彼女は海外にまでファンを持つ押しも押されぬ日本を代表する演歌歌手なのであるが、定員1900人という大阪の大会場を満員にしてわき立たせたそのパワーは、浪花の宝であると言ってもいいだろう。

天童よしみ5・西川きよし.jpg天童よしみ2.jpg
祝福に駆け付けた西川きよし(左)

 テレビアニメ「いなかっぺ大将」の主題歌「大ちゃん数え歌」は、彼女が実質的な歌手の第1歩を踏み出した最初の楽曲だった。これを経て全日本歌謡選手権で10週を勝ち抜いてデビューの権利を得て、翌1972年にキャニオンレコードから天童よしみの芸名でデビューすることになる。
 コンサートではそんな彼女の45年に及ぶ歌手人生の1コマひとコマを、歌とトークとスライド写真でたどっていった。

 その忘れられない「大ちゃん数え歌」を天童が歌い終わると、ステージに現れたのは吉本興業の西川きよしだった。当然、大きな歓声が客席から沸き起こった。西川は「わが家の今晩のおかずが少なくなるのですが」と言って、大きな花束を天童に渡して客席を笑わせる。
 NHKの番組で「珍島物語」を歌うことになった西川は、8時間もカラオケボックスにこもって練習をしたが、本番では見事に失敗してしまう。そんな思い出深い天童とのエピソードを披露して笑わせた。

天童よしみ3.jpg
天童よしみ4.jpg
天童よしみ5.jpg

 キャニオン・レコードから“天童よしみ”としてデビューしたのが1972年。それから45年。
 NHKの紅白歌合戦に初出場するのは、それから21年後の1993年であった。そこで歌ったのは「酒きずな」
 この日のコンサートでも、それを歌った彼女は「デビューして1、2年で紅白に出られると思ってましたが、20年以上もかかってしまいました。それでも夢はいつかきっとかないます。その紅白を喜んでくれたのは『泣かんと歌えよ』と励ましてくれた父と、『1番と3番を歌うんやで』と心配してくれた母でした」と涙を浮かべながら、当時を思い出していた。

天童よしみ012.jpg
二胡の演奏で「美しい昔」を歌う
天童よしみ013.jpg

 その母親吉田筆子さんは客席に姿を見せていたが、コンサート終盤になって天童が「私の母です」と紹介し、ライトが当てられると筆子さんは立ち上がって、四方に頭を下げていた。

■やっぱ天童よしみが好きやねん

 天童を紅白出場へ押し上げるのに一役買ったのが、歌手でタレントでもあったやしきたかじんであったことは良く知られている。彼が「天童よしみの歌が好きやねん。皆で彼女を紅白に出そう」とテレビ番組で呼びかけたことがきっかけとなって、一緒に仕事をするようにもなった。
 ダイエットなど紅白出場へのプロジェクトに取り組んだり、出場が決まった時には抱きしめられて「結婚しよう」と言われたことなどの交流の一端を披露して、やしきを偲んで歌ったのが「やっぱ好きやねん」。

天童よしみ8.jpg
天童よしみ010.jpg
天童よしみ011.jpg

 ベトナムとマレーシアから45年の祝いに駆けつけたファンもいた。天童は2003年に初めてベトナムへ行っている。そこに1週間以上滞在したのだが、そこで際に巡り合ったのが「美しい昔」という歌だった。その年の紅白ではトリで歌っている。そうした縁から、つながった海外との歌の輪であった。

 2017年1月に出した最新曲は「夕月おけさ」である。オリコン演歌チャートでは初登場で第1位にランキングされた。45周年記念曲にふさわしく、聴いていて心地よい演歌である。それをアンコール曲として用意していた天童は、見事に歌い切って、その間、天童は涙を拭いたり、笑ったり、冗談を言ったりと大忙しであった。

天童よしみ015.jpg
天童よしみ016.jpg
天童よしみ017.jpg
最後には泣いてしまった天童

 この日の客席は、45年間、天童を支えてきた人たちで最後まで埋め尽くされていた。
 天童は「芸能界は思っていた以上に厳しい世界です。『今、ひとりで東京へ行かせるのは辛いけれど、歌手になるために東京へ行きたい言うたんは、あんたやろ。辛抱しい。いつか一緒に住もうな』と言って、15歳の私を八尾の駅から東京へ送りだしてくれた母でした」と語って、エンディング曲「母と娘の生きる歌」を歌って、45年を振り返った約3時間にもなる長いコンサートは幕を下ろした。


■セットリスト(歌唱曲目)
1 珍島物語
2 可愛いベイビー
3 達者でナ
4 美空ひばりメドレー(リンゴ追分~おまえに惚れた~越後獅子の唄~悲しい酒~真赤な太陽)
5 大ちゃん数え唄
6 風が吹く(デビュー曲)
7 生まれ昭和です
8 時代
9 道頓堀人情
10 いのちの人

天童よしみ014.jpg

11 酒きずな
12 美しい昔
13 あんたの花道
14 やっぱ好きやねん
15 ランナウェイ
16 LOVE LOVE LOVE
17 人生讃歌~渡る世間は鬼ばかり
18 女のあかり
19 一声一代
(アンコール)
20 夕月おけさ(最新曲)
21 母と娘の生きる歌


[天童よしみ オフィシャルサイト]
http://www.yoshimi-tendo.com/
[天童よしみ テイチクエンタテインメント]
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/tendo/





nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。