So-net無料ブログ作成

たくみ稜(日本クラウン)  スタイリッシュな新曲「上海たずね人」  オリコン2位で好発進  大阪・茶屋町でコンベンション [イベント]

たくみ稜3.jpg◆2017年4月19日に日本クラウン移籍3枚目のシングル「上海たずね人」を出したたくみ稜が同4月26日、大阪・茶屋町のライブバル・海の彼方に業界関係者を招いて、新曲発表コンベンションを開いた。異国情緒を盛り込んだオシャレでテンポ感のある楽曲。作詞がかず翼、作曲は人気シンガーソングライター小田純平。編曲はたくみがクラウン入りしてからすべての作品を手がけている矢田部正。東京に次いで地元大阪で開いた催しだったが、たくみにとっては初のコンベンションだけに緊張気味のようすで「少しでも僕を分かってもらおうと開きました。歌手人生は30年になりますが、クラウンではまだ3年生ですから、これから1歩1歩前へ進んでいきます」と話していた。


たくみ稜・上海たずね人.jpg









 「上海たずね人」が、2017年5月1日付けのオリコン演歌チャートで第2位にランキングされたというニュースが、コンベンションの会場で報告されると、集まった人たちからはたくさんの拍手が送られていた。
 日本クラウンのヒット賞を獲るなど好調だった前作「オランダ坂」は、去っていった女性を探し求める男の恋歌で、それは今作も同じ。ところがいずれも決してじめじめせずせずに、逆に明るさえ感じさせる。評判の良さの理由は、そうしたメロディーにもあるようだ。

 日本クラウンの栗田尚浩プロデューサーが「アクティブで軽快な印象の作品になった」と話すように、そのメロディーが創り出す世界は前作の「オランダ坂」とはまた違って、一段と異国っぽいイメージを聴くものに抱かせる。

たくみ稜4.jpg

 たくみは1984年にトーラスレコードから「島唄」でソロシンガーとしてデビューした後、内山田洋とクールファイブの4代目ボーカルを務めている。リーダーの内山田からは「口移しのように丁寧にクールファイブの歌唱法を伝授された」(たくみ)というように、彼の歌には数多くのムード歌謡のヒット曲を持つ、グループの魅力が生きているようである。

 たくみのジャケット写真やポスターは新曲のたびに、そのスタイリッシュさが目を引く。今回も司会の谷原りょうが指摘していたように、女性ファンを引き付ける魅力がある。たくみは「制作スタッフの言いなりにポーズを決めました」というのだが、かつてモデルの仕事をしていたとこととも大いに関係しているようだ。
 「モデル時代には男性ファッション誌などを参考にポーズを研究もした」といい、この日も紺のジャケットに白いパンツという一見ラフでありながら、オシャレに決めた姿で歌っていた。

 コンベンションでは「上海たずね人」カップリング曲の「終わらない愛」のほか、クールファイブ時代の「長崎は今日も雨だった」なども歌って、当時のエピソードも披露していた。

たくみ稜1.jpgたくみ稜2.jpg

 たくみは「いつも新曲は初めて披露する前にはかなり歌い込むのですが、この楽曲だけはとにかく早く人前で歌いたくて仕方がない気持ちでいっぱいでした。それほど、いい歌です。故郷・大阪から歌が広がっていくとうれしいです」と話していた。


[たくみ稜 オフィシャルサイト]
http://www.m-plus-ryo-takumi.com/
[たくみ稜 日本クラウン]
http://www.crownrecord.co.jp/artist/takumi/whats.html





nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。