So-net無料ブログ作成

島津悦子(キングレコード)  新曲「なにわ情話」で関西キャンペーン  初のグァム女子旅の模様も報告 [キャンペーン]

島津悦子1.jpg◆デビュー26年目の歌手、島津悦子が、2013年9月19日、神戸・新開地で開かれた第108回KOBE流行歌ライブに出演し、新曲「なにわ情話」などを歌った。初めて歌う浪花ものに挑戦している。カップリングはこれも初めてのしんみりと1人酒を飲む姿を歌った「女ひとり酒」。翌20日には恵比須堂今福店などで店頭歌唱キャンペーンも行った。










恵比須堂今福店で歌う島津悦子

 いずれも作詞が麻こよみ、作曲は岡千秋、編曲南郷達也。「余呉の酒」以来という麻作品は、情が深くて面倒見がいいかまるで薩摩女」のような女房と亭主の物語。岡が得意とする夫婦ものでもある。プロモーションビデオには本人と岡が共演している。
 カップリング曲の「女ひとり酒」は、久々にファルセットを使ったワルツ調のしんみり演歌。「『悲しい酒』のような歌が欲しいと長年思っていましたが、ようやく実現しました」と島津。
 岡に曲を依頼したら「ぼくもこんな曲を書きたかった」と快諾したという。

 どちらも島津の魅力を存分に感じさせてくれる楽曲になっている。

島津悦子3.jpg
4年4か月ぶりに出演したKOBE流行歌でも熱唱

 2曲とも初めてのジャンルに挑戦したのなら、これも初体験だった。
 今月10日から12日までの3泊4日で初のグァム島への<女子旅>を行ったという。行ったのは島津と伍代夏子、それに来年2月14日に東京・銀座(銀座ブロッサム 中央会館)で島津とバレンタインジョイントコンサートを行う若山かずさの3人。マネージャーも入れない、まったくのプライベートツアーだった。


島津悦子2.jpg 島津が「この歳にして初めて体験」というグァム旅行に、潜水具を着けて海中散歩を楽しむシーウォーカーや、ワンピースながらも水着に着替えてのバナナボートにも挑戦した。
 伍代が水牛の背にまたがり島津がそれ引く一幕もあったなど、3人ははしゃぎっぱなしの4日間だった。

 ただ携帯電話を無くしたのは予定外だった。アドレスなど大切なデータは無事だったが、貴重な水着姿の写真はなくなってしまったという。帰国後、新たに買った携帯はやはり<ガラケー>だとか。










[島津悦子 オフィシャルサイト]
http://www.shimazu-etsuko.net/
[島津悦子 キングレコード]
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=10397


島津悦子が動画で語る「なにわ情話」




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。